中国のNET事情


中国大陸におけるウィキペディアへのアクセス封鎖
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


中国本土におけるウィキペディアへのアクセス封鎖は、中華人民共和国香港とマカオを除く)にあるISPが、ウィキペディアを含む
    ウィキメディア財団系列サイトへのアクセスを意図的に封鎖し、中国大陸に住む中国人が通常の手段を用いてこれへのアクセスを
    不能にしていたことを指す。


中国政府とその支配下のISPは大陸に住む中国人が同国に議論を巻き起こす可能性があるインターネット・サイトへのアクセスを常に審査している。
    ウィキメディア財団系列のサイトは中国政府から事前注意、事後説明なしにこれまで少なくとも7回のアクセス封鎖を受けている。2004年に始まった
    一連の封鎖は、北京オリンピック直前の2008年7月末に解かれ、その後何度も封鎖されて、2015年5月19日から封鎖は行われている。
  経験がある大陸在住のインターネットユーザーはさまざまな手段を用いてこれを回避することが可能であったが、一般のインターネットユーザーが
    ウィキペディアにアクセスすることは容易でないため、中国語版ウィキペディアの編集は台湾、香港、マカオの居住者やその他国外にいる中国人に
    よるものが主となっている。
  一方で、ウィキペディアに掲載されている記事で、中国政府に影響を与えないような内容は、百度百科など、中国の他のサイトに転載して利用される
    ことも多く、一種の検閲となっている。
  2015年12月4日頃から、中国国内の諸言語のうち、北京語版広東語版呉語版及びウイグル語版は全遮断されたが、贛語版漢文版白話字
    書かれる閩南語版客家語版閩東語版及びチベット語版朝鮮語版は遮断されていない。また、2017年12月28日よりウィキペディア日本語版
    デスクトップバージョンが中国大陸部で遮断された[1]

  2019年4月23日から、全言語版のウィキペディアが中国大陸部で遮断された


2019.5.18-Green-Engadget(エンガジェット日本語版)(https://japanese.engadget.com/2019/05/16/wikipedia-30/)
中国、Wikipedia全言語へのアクセスをブロック。天安門事件30周年に絡む検閲強化?
民主化を求めたデモ参加者を武力弾圧した事件


中国はこれまでもインターネット百科事典Wikipediaを様々な格好で検閲してきましたが、その範囲は大きく拡大しているようです。ネット検閲を調査する
    組織Open Observatory of Network Interference(OONI)の調査によると中国政府は4月、あらゆる言語のWikipediaへの中国国内からのアクセスを
    遮断したことがわかりました。
  中国政府は、これまでにもたびたびWikipediaへのアクセスをブロックしてきました。しかし、今回のようにすべての言語をブロックすることはなかったと、
    Wikipediaを運営するWikimedia Foundationは述べました。さらに、今回の全面的なブロックについてはなにも事前通知はなかったとしています。

  中国がなぜあらゆる言語のWikipediaをブロックしたかは明らかではありません。しかし、中国は来月、6月4日に天安門事件30周年を迎えます。
    タイミング的には、中国国民がこの事件について知ろうとするのを阻む意図があった可能性は否定できません。またこれまで中国語バージョンのみを
    ブロックしていたのが全言語に拡大されたのは、昨今の翻訳機能の性能向上が背景にあると考えられます。

  Wikimedia Foundationのコミュニケーションマネージャー、Samantha Lien氏は、「ブロック範囲拡大のせいで、中国国内数百万人の読者や編集者、学者
    研究者らが、Wikipediaの情報にアクセスしたり、知識や成果を共有できなくなっている」と述べました。そして「国や地域、または文化圏単位で
    ウィキペディアの世界的な会話に参加できなくなればそれだけで世界全体は貧弱になります」

  Great Wall(万里の長城)をもじって「Great Firewall」と呼ばれる中国のオンライン検閲は、グーグルやフェイスブック、ニューヨークタイムズなど多数の
    外国サイトを国内から閲覧できないようにしています。さらに、中国政府は表向きにはアクセスできないはずのTwitterまで監視して、政府を批判する
    ユーザーを取り締まっているとされます。2018年11月には、中国当局はWeChatやWeiboのような中国国内のSNSで、9800ものアカウントを「政治的に
    有害な情報や噂を広めた」して"粛正"しています。


中国のネット検閲
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


中国のネット検閲とは、中華人民共和国におけるインターネットに対する検閲である。法律に従って60以上の条例が中国政府によって作られ、
   地方の国有インターネットサービスプロバイダの一部や、中国政府、商社、団体などが検閲を実施している。ただし、中国の特別自治区である香港
   やマカオには適用されない

概要
政府は、インスタントメッセージングサービス、チャットテキストメッセージを使った親日、反汚職、反不正に関する意見を抑圧しようとしている[独自研究?]
     インターネットポリスは30,000人以上だと見積もられており[3]インターネットフォーラムブログSohu(捜狐)Sina.com(新浪)といった
     ポータルサイトにおいて、政府に不都合な批判が現れると、通常は数分で削除する。
  中国のインターネット抑圧の装置は膨大なネット人口を抱えることから他の国より検閲の人員も大規模とされ[4]、莫大なビッグデータもあることから
     高度な人工知能での検閲も行っている[5][6]。政府はウェブサイトへのアクセスを妨げるだけでなく、個人のインターネットアクセスも監視する。 
     アムネスティインターナショナルによれば、中国では投獄されているジャーナリストとサイバー反体制派英語版が世界で一番多く[7]、国境なき
     記者団は「世界最大のネチズン刑務所」と呼んでいる[8][9]。海外のグループとの通信、法輪功の迫害に対する反対、インターネット上の嘆願
     署名、不正の改革の要請は軽犯罪で起訴される[10]。ソーシャルメディアのプラットフォーム上での一見無害な発言さえ、迅速にかつ厳しく処罰
     される可能性がある。
  政府は、インスタントメッセージングサービス、チャットテキストメッセージを使った親日、反汚職、反不正に関する意見を抑圧しようとしている。 
     インターネットポリスは30,000人以上だと見積もられており[3]インターネットフォーラムブログSohu(捜狐)Sina.com(新浪)といった
     ポータルサイトにおいて、政府に不都合な批判が現れると、通常は数分で削除する。
  中国のインターネット抑圧の装置は膨大なネット人口を抱えることから他の国より検閲の人員も大規模とされ[4]、莫大なビッグデータもあることから
     高度な人工知能での検閲も行っている[5][6]。政府はウェブサイトへのアクセスを妨げるだけでなく、個人のインターネットアクセスも監視する。
     アムネスティインターナショナルによれば、中国では投獄されているジャーナリストとサイバー反体制派英語版が世界で一番多く[7]
     国境なき記者団は「世界最大のネチズン刑務所」と呼んでいる[8][9]。海外のグループとの通信、法輪功の迫害に対する反対、インターネット上
     の嘆願に署名、不正の改革の要請は軽犯罪で起訴される[10]。ソーシャルメディアのプラットフォーム上での一見無害な発言さえ、迅速にかつ
     厳しく処罰される可能性がある。

金盾は中国においては金盾工程(金盾プロジェクト)とよばれている。これは中国大陸外の国々においてもGolden Shield Project
  Great Firewall of Chinaと呼ばれる(万里の長城をGreat Wall of Chinaといい、それにネットワークでのfirewallである金盾をかけている)。
  このシステムはインターネットゲートウェイプロキシサーバとファイアウォールによりIPアドレスをブロックする。特定サイトのリクエストがきたら、
  システムは選択的にDNSキャッシュ・ポイズニングをかける。  

技術情報
 様々な検閲方法をここに記載する。
  IPアドレスブロッキング
     ある特定のIPアドレスへの接続を遮断する。同じサーバ内の他のウェブサイトもブロックされる。プロキシを用いることで回避できる場合はあるが、
     プロキシ経由でさえブロックされていることもある。ウィキペディアのようなサイトもプロキシでブロックされる。Googleのような大きなサイトは
     迂回するための代替IPを設けているが、その新しいIPまでもブロックされるようになった。
  DNSフィルタリング(DNS書き換え)
     ドメイン名の解決をさせないか、もしくは間違ったIPアドレスを通知する。回避方法は正しいドメイン名を返すドメインネームサーバを見つけること
     であるが、ドメインネームサーバもブロッキングの対象である。他の回避方法としては、他の手段でIPアドレスを調べDNSを使用しないという方法
     もある。例としてはウェブブラウザドメイン名を打つ代わりにIPアドレスを打てばよい。
  URLフィルタリング
     URLに含まれている文字を判定する。これはHTTPプロトコルに影響する。回避方法はVPNTLSのように暗号化されたプロトコルを用いる
     ことである。
  パケットフィルタリング。
     TCPパケットの中にある一定量以上の中国が検閲している言葉が含まれていた場合、そのTCPパケット通信は遮断される。詳細は
     「en:List of words censored by search engines in Mainland China」および「zh:中华人民共和国审查辞汇列表」を参照。
     この影響はTCPプロトコルを用いる通信つまり、HTTPFTPPOP等に影響する。サーチエンジンのページはさらに検閲が厳しくなる。回避方法は 
     VPNTLSの様に暗号化されたプロトコルを用いたり、TCPスタックサイズを小さくすることでパケットサイズを小さくし、禁止語句を減らすことで
     回避できる。
  コネクションリセット
     TCPコネクションが検閲でブロックされると、次からのコネクションが両側とも30秒間ブロックされる。このブロックは地域にごとに行われ、
     ブロックされている地域では他の人からの接続でもブロックされる。回避方法はファイアウォールからのリセット要求を無視する。

検閲を受けるサイト
   検閲を受けるサイトを以下に記述する。具体的なリストは金盾を参照。
     中国共産党から迫害を受けている団体のウェブサイト 例: 法輪功
     警察官の残虐な行為、天安門事件言論の自由民主化マルクス主義に関連するニュースソース
         これらのサイトにウィキペディアボイスオブアメリカYahoo!香港、YouTubeも含まれる。
     台湾関連の政府、メディア、組織関連のウェブサイトもしくは宗教的サイト
         チベット仏教は中国式の経典を提供させられている[13]
     わいせつ、ポルノ、反道徳的なウェブサイト
     ダライ・ラマおよび14世に関係するもしくはそのチベット独立運動関連のウェブサイト
     SNS - FacebookTwitter など
     動画共有サイト - YouTubeニコニコ動画 など
     動画配信サイト - Ustream など
     写真共有サイト - Flickr など
  ブロックされたウェブサイトは、サーチエンジンの検索結果に表示されないことがある。例: 百度
  ニューヨークタイムズによればGoogleは中国国内から国外にアクセスするコンピュータを設置した。そのコンピュータからアクセスできないサイト
     はGoogle中国のブラックリストに載せられる[14]。ブロックが解除されたウェブサイトは再度インデックス化される。
グレート・キャノン
  グレート・ファイアウォールに続くグレート・キャノン英語版と呼ばれる新しいネット検閲システムの存在も報道されており、これはIPアドレスに対する
     通信を乗っ取るものと報じられている[15][16]


中国における携帯電話
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


中国における携帯電話について解説する。中華人民共和国の人口は10億人を超え、2012年5月で携帯電話の契約数は10億4072万件に達した
   本ページの記述は、特に断らない限り、大陸部での携帯電話についてのものである。歴史的な経緯より、香港やマカオは、大陸部とは異なる、
   独自の発展経過をたどった。

歴史
中国の携帯電話サービスは1995年に郵電部がGSM方式により開始し、1996年に全国網がほぼ完成している。[2]2000年には中国郵電電信総局(China Telecom)から固定電話会社と携帯電話2社が独立し、2002年には固定電話会社は南北2社に分割された。北京オリンピックが行われた2008年までは、次の会社から携帯電話サービスが提供されていた。
   旧中国移動通信(China Mobile):GSMによるサービス
   旧中国聯合通信(China Unicom):GSMおよび2002年から始まったCDMAによるサービス
   旧中国電信(China Telecom)および中国網絡通信(China Netcom):PHSによるサービス
      本来はそれぞれ長江以南、長江より北の地域の固定電話会社で、PHS(中国語名称は「小霊通」)はこれら2社が発展著しい携帯電話市場
      に参加できる手段として使われた。
   各社のシェアは中国移動通信(GSMを利用)が強く、次いで中国聯合通信(GSMが2/3でCDMAが1/3)、それから後で始まった固定電話会社2社(PHS)
      であった。中国では多数の人口を抱えながらも、固定電話のインフラが整っていない地域があり、近年は携帯電話保有台数の急増が続いている。
      2007年11月には、年間販売台数、年間生産台数ともに、世界一になり、契約数は2012年5月現在10億件を超えている[1]

中国の携帯電話産業
広い国土の中国で携帯電話サービスをするには、携帯電話に関する研究機関、電話網を設置する会社など、多くの機関・企業が関係している。
   無線通信は現在、国務院工業和信息化部の管理下にある。3GTD-SCDMA技術については、もともと郵電部電信科学技術研究院で開発され、
   現在は大唐電信科技en:Datang Telecom)で開発が継続されている。[3]
   電話網の設置には携帯電話サービス会社3社以外に、国内、外国会社が多く関係している。

各言語の入力
中国語入力システムには、ローマ字を使うピン音入力方法中国語簡体字が一般に使われている。ほとんどの機種は香港台湾で使われている
     中国語繁体字も表示することはできる。機種によっては、五筆輸入法や画面に小型ペンで字を書いて入力する方法、T9のような入力方式
     なども使われている。
  英語モードでは、予測入力(Type ahead)または自働入力(automatic typing)と呼ばれる機能が搭載されている。例えば「sch」までを入力すると
     「school」、「scholar」、「scholarship」などの単語が表示され、入力途中で完全な単語を選べる。
  日本語入力システムは中国で販売されている携帯電話では一般に搭載されていない。ヨーロッパノキアソニーモバイルコミュニケーションズ
     最近の機種はおおむね日本語も表示することはできる。日本語を入力するには、多言語対応のスマートフォンを使用する。
     BlackBerryAndroidiPhoneが中国でも発売されたため、これで中国語・日本語・その他の言語を使う人も出てきた。
     また、Windows MobileやSymbian OS搭載の端末では入力システムを追加して使うこともできる。NokiaのS60搭載端末用に「+J for S60」が
     販売されている。日本からGSMやW-CDMA端末を持ち込み、SIMロックを解除することで日本語入力システムを使うこともできるが、
     簡体字が入力・表示できず中国語端末とのSMSが使えないため注意が必要である。また、すべてのGSMやW-CDMA端末で
     SIMロックが解除できるわけではない。

中国聯合通信の3Gサービス内容
  中国聯合通信は2009年からW-CDMA3Gサービスを行なっている。
  中国聯通の3G回線で契約している場合も使用している携帯電話端末が対応していれば、電波状況に応じて中国聯通の2G回線を使用した
     通話、SMS、データ通信(GPRS、EDGE)も別途契約せずに利用可能である。
中国聯合通信の4Gサービス内容
中国聯合通信は2014年からFDD-LTEおよびTD-LTE4Gサービスを行なっている。
中国聯通の4G回線で契約している場合も使用している携帯電話端末が対応していれば、電波状況に応じて中国聯通の3Gと2G回線を使用した通話、SMS、データ通信(W-CDMA、GPRS、EDGE)も別途契約せずに利用可能である。

SIMカードの入手
すべての携帯端末はSIMカードを使っているので、SIMカードの入手がすなわち携帯電話サービス会社との契約となる。これには、端末を買ってから、
     脇にある携帯電話サービス会社のデスクへ行き、携帯会社のサービスから自分に合ったものを選び、身分証またはパスポートを見せて、
     SIMカード所有権証と一緒に入手する。
  SIMカードは街中のマガジンスタンドなどでも売られている。旅行者など使い捨てとする場合は、書類への記入などもなく、すぐに手に入るため便利である。
     本来は身分証明書を持って購入するものであるため、他人の名義で契約されている。そのため長期間継続使用する場合はキャリアの窓口で
     購入した方がよい。継続使用する場合は、使用開始したあとに銀行やキャリアの窓口で2回ほどそのカードにチャージしてからチャージ証明書
     を持ってキャリアの事務所へ行き手続きをすれば、所有権を自分のものに変更できることもあるが、地区や担当者によっても対応が異なる。
     キャリアがSIMカードを使用停止にする可能性もある。

中国における携帯電話の特徴
  GSM、TD-SCDMA、W-CDMA、PHSなど複数の通信方式がある。ほぼすべての人たちはプリペイド契約で利用している。ポストペイド契約もあることは
     あるが、利用されていない.
  ロシアなどと同様に、これまでは月額料金はなく、着信時も費用を半額負担していた。
  2007年ころより月額料金を払い着信時には費用を払わなくてよい方式も導入されて、新規契約者は後者の利用が多いが、
     大多数の人たちはまだ半額負担している
  公共交通、病院など場所や音量を問わず通話をする。規制や通話を控えるように促すアナウンスは日本独特のもので、中国も含めて外国ではない。
  携帯電話機の製造販売と携帯電話サービスの提供会社が独立して営業しているが、日本のように携帯電話会社による月額料金+電話機本体の月賦
     でのセット販売も多少ある。
  政府が料金を統制しており、日本と比較して全体的に低コストで携帯電話を利用できる。
  農村部では固定電話インフラの代替として普及を進めているため、利用開始時期が早いGSM方式では山奥や高所でも携帯電話会社の基地局
     が建設されていて通話ができる。
  一般の携帯電話番号は、初めの番号はすべて1で、全部で11桁である。小霊通(PHS)はこれまで固定電話会社が提供してきたので、固定電話と同様に
     市外局番のあと8桁(大都市)または7桁(中小都市)で、市外局番の例としては、北京が010、上海が021、大連が0411などである。

  SMSがすべての携帯会社へ相互に通じている。携帯電話でのインターネットEメールは一般的ではない。
  中国移動通信のサービス「動感地帯」などでインターネットの利用が増加している。
  電話の相手に呼び出し音ではなく、音楽を流すメロディコールのようなサービス(中国語:彩鈴=ツァイリン)も存在している。

携帯電話における問題点
  携帯電話機の窃盗品の販売も盛んである。これはSIMカードを交換すれば端末を問題なく使用できることや、携帯機の中古市場も盛んなことが
     原因と思われる。
  携帯電話機の盗難と同時に、SIMカードも中古として出回ることも多い。SIMカードについては、名義が自分のものであれば、すぐ身分証または
     パスポートを持って携帯電話会社の事務所へ行くと、プリペイドカードの残金と一緒に前と同一電話番号で再発行され、盗難したSIMカードは
     無効にされるので、被害は少ない。
  「山寨手機」と呼ばれる有名メーカの携帯電話機を模倣した低品質、高品質の模倣製品が大量に製造販売されている。ブランド品の偽物の電池が大量
     に出回っており、これによる爆発などの事故が起きている。




このTopに戻る


最近のニュース
TOPにもどる
monomousu   もの申す