忖度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

忖度(そんたく)は、他人の心情を推し量ること、また、推し量って相手に配慮することである[1]。「忖」「度」いずれの文字も「はかる」の意味を含む[2]
     2017年に表面化した森友学園問題加計学園問題に際して用いられたことで、流行語として広く知れ渡ることとなった(詳細後述)。
歴史

辞典編集者の神永曉によれば、そもそも「忖度」という言葉は、すでに中国の古典『詩経』に使用されており、平安時代の『菅家後集』などにも存在が確認
     されている[3]明治期にも使用例があるが、しかし、この頃には、単に人の心を推測するという程度の意味しかなく、相手の気を配って何か行動する
     という意味合いはなかったという[3]

  毎日新聞の記事によれば、1990年代には「忖度」という言葉は、脳死臓器移植といった文脈でしばしば用いられていたが、この際もやはり患者の生前
    の意思を推量するというもともとの意味で使用されていた[4]。ところが、1997年夏の時点になると、毎日新聞の記事においても、小沢チルドレン
    小沢一郎の意向を「忖度」するというような記述が見つかり、上位者の意向を推し量る意味合いでの「忖度」の用例が見つかるという[4]
    日本語学者の飯間浩明も、2006年12月15日朝日新聞の社説において、上位者の意向を推し量る「忖度」の用例を採集している[4]

  そして、飯間によれば、2014年以降にはNHK会長の籾井勝人の意向をNHK職員が「忖度」するという用例もしばしば報道に見られるようになり、
    「忖度」という言葉には否定的なニュアンスが含まれるようになっていた[4]

このTopに戻る

monomousu   もの申す
TOPにもどる
最近のニュース