monomousu   もの申す


自由朝鮮-千里馬民防衛
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「自由朝鮮放送」とは異なります。


自由朝鮮朝鮮語: 자유 조선英語: Free Joseon)は、北朝鮮の第2代最高指導者金正日の孫である金漢率の身柄を保護していると主張し、また同国からの
     密出国(脱北)を支援していると推定されている団体。
     2019年3月に現最高指導者金正恩体制に抵抗するため臨時政府の樹立を宣言したが、全容は謎に包まれている。
  かつては千里馬民防衛(せんりばみんぼうえい )と名乗っており、報道機関によっては千里馬民間防衛の表記も見られた。
概要
2017年2月13日に金正日の長男であり金正恩の兄である金正男マレーシアクアラルンプール国際空港で殺害され、同年3月7日に千里馬民防衛を名乗る
     団体が、所在がわからなくなっていた金正男の長男・金漢率の映像をYouTube上で公開[1][2]。このときに初めて存在を公にしたとみなされている[3]
     同団体の情報は公式サイトにて公開されており、そこで使用されているドメイン名(cheollimacivildefense.org)の登録日は、動画投稿3日前の2017年3月4日
     となっている[1]
  以降は脱北したい北朝鮮国民を支援するとのメッセージを掲載し、支援が必要な場合の連絡先としてメールアドレスを公開。いかなる見返りは求めない
     としたものの、一方でビットコインでカンパを受け付ける旨を記載した[2]。公式サイトでは、民族のために献身の心で行動する独立団体であるとしている
     が[4]、公開されている情報は多くない。
  2019年3月1日には公式サイトにて団体名称を自由朝鮮と改めたことを明らかとするとともに、金正恩独裁体制の打倒を訴え、臨時政府の樹立を宣言した[5]
     が、拠点の所在地については明らかにしていない[6]。その後、金漢率はマカオから台湾中華民国)を経由してアメリカへと逃れたとされる[7]

組織の正体
 脱北支援団体と見られているが公開されている情報が少なく、背後にある人物、組織も不明で、詳細な正体は明らかになっていない。2019年には
     「我々は組織の一部分に過ぎない」というメッセージを発信している[4]
   旧名称に使われていた千里馬という言葉は北朝鮮体制を象徴する言葉の一つであるが、団体が"Cheollima"との綴りを使っているのに対し、北朝鮮の
     朝鮮中央通信では"Chollima"と綴っているため、西側諸国が主導した団体か、別の目的で作られた団体ではないかとも指摘される[3]。このほか、
     韓国情報機関とのつながりがあるという憶測や[5]、脱北を誘導する北朝鮮の団体という主張もある[11]。韓国の民間団体と断言するメディアも
     存在する[23]。欧州で活動する人権活動家は、メンバーは北朝鮮人であると証言している[10]
 公式サイトのドメイン登録情報を非公開にするサービスを提供するパナマの企業を使っている[3][24]。また金漢率の映像に含まれる空調機器のモーター音は
     50ヘルツの交流電源が使用されていると推測されることから、映像の撮影場所を特定するという試みもなされた[24]
 2017年10月には組織の関係者がウォール・ストリート・ジャーナル記者のアラステア・ゲールと接触し、金漢率救出の際にカナダなど複数の国が協力を拒否した
     ほか、救出には他の団体や北朝鮮国内の関係者も協力したことを明らかにしている。報道機関に接触した理由としては、今後も脱北者救出のために
     国際社会に支援を要請する必要が生じるからだと説明している[25]
 韓国政府当局は、この団体の実体が明らかになるまでは金漢率や脱北者を支援するために送金することは慎重であるべきとしている[3]


北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄でマレーシアで暗殺された金正男氏の息子、金ハンソル氏らを救援したとする団体が1日、
     住民を迫害する金正恩体制を覆すための「臨時政府」を発足させたとサイトで表明。拠点がどこかは明らかにしていない。(2019.3.1)

千里馬民防衛」と名乗ってきた同団体は「自由朝鮮」と改称し、立ち上げた臨時政府が人権を尊重し、北朝鮮人民を代表する単一で政党な組織
     だと主張。各国の脱北者らに決起をうながした。2月25日にサイトで「今週中に重大発表がある」と予告していた。これは朝鮮半島
     日本統治からの解放をもとめた「三・一運動」から100年に当たり、事実上の物別れに終わった米朝首脳会談の直後である1日に発表
     したことに意義がある。(2019.3.1)

  サイトでは、チマ・チョゴリを着て韓国の公園らしき場所で宣言文を読み上げる女性の動画も掲載。北朝鮮の現体制は、政府主義の殺人や
     拷問、思想統制、強制労働といった罪を重ねたと告発し、「体制化で宣言文を聞いている」北朝鮮国民に対しても圧制者に抵抗するよう
     呼びかけた。(2019.3.1)





このTopに戻る


TOPにもどる
北朝鮮からの独立運動