事故の問題-1



2021.07.09-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20210709-JXIFQXRHDJP3RKQPEPEABZ6DIE/
米マンション崩落2週間 死者不明140人、原因特定進まず

  【ワシントン=大内清】米南部フロリダ州サーフサイドで起きたマンション崩落事故から8日で2週間が過ぎた。AP通信によると、これまでに64人の死亡が確認され、76人が消息不明のままとなっている二次被害を防ぐために崩落を免れた部分が解体されたこともあって原因の特定は難航。がれきの下から遺体を収容する作業も困難を極めている。

  6月24日未明に起きた事故では、12階建てマンションの東側部分が崩落した。米メディアは考えられる原因を3つ挙げており、それらが複合した可能性も取り沙汰されている。
  米紙ニューヨーク・タイムズは、事故調査にあたる設計士らの話として、地下駐車場と地上部分をつなぐ鉄筋の量が設計図よりも少なかった可能性があると伝えた。上部階が崩落する寸前に駐車場が押しつぶされたとの証言もあった

  ただ、工事を請け負った企業はすでに廃業し創業者も死亡しているといい、「手抜き工事」だったかどうかや刑事責任の有無の判断には時間を要しそうだ。
  地盤に問題があったとの見方もある。崩落したマンションは1981年、保養地として知られるマイアミに近接する海岸沿いに建てられた。一帯はもともと湿地で、開発の過程で干拓や埋め立てが進み市街地化した経緯がある。

  米紙USAトゥデーなどによると、地元フロリダ国際大のウドウィンスキ教授は昨年、地球温暖化による海面上昇などを調べるために一帯の地質データを分析。その結果、マンション付近の地盤は90年代以降、年間1・9ミリのペースで沈下していることが判明したという。同教授は6月下旬に公開した動画で、「地盤沈下としては小規模であることから崩落の引き金になったかは判断できないとし、今回の事故は「不幸なことだった」と述べた。
  一方、建設から40年にわたって潮風にさらされたことや、フロリダ州で頻発するハリケーンや高潮などによって建物が脆弱(ぜいじゃく)化していた可能性も高い。
  事故の約3年前にはマンションの管理組合が、建物の安全評価を行うコンサルタント会社から、コンクリートにひびが入るなど老朽化が著しいので「メンテナンスが必要」との警告を受けていた。崩落は、住居としての使用を継続するために安全性の審査手続きが進んでいた中で起きた。

  マイアミは国際都市としても知られ、崩落したマンションの所有者には中南米出身者らも多い。捜索作業にはメキシコのレスキューチームなども参加。行政当局は今月4日、大西洋で発生した熱帯低気圧などの影響で崩落が進む恐れがあるとし、建物西側も爆薬で解体した。


2021.06.26-Yahoo!Japanニュース(毎日新聞)-https://news.yahoo.co.jp/articles/45420d2653d54cf65dc6db9aef55563727ceab2f
米マンション崩落から72時間迫る 新たな生存者発見されず

  米フロリダ州マイアミ近郊で起きたマンション崩落事故は、26日未明(日本時間26日昼)の段階で159人が安否不明だ。崩落直後に2人ががれきの中から救出されたが、その後は新たな生存者は見つかっていない。確認された死者は4人。現場は時折、激しい雨や強風に見舞われ、がれきの下では火災も発生。当時、崩落部分に何人いたのかも分かっておらず、救助活動は難航している。

  米メディアによると、これまでに救出されたのは37人だが、うち35人は崩落を免れた建物西側からはしごなどで助け出された。直後に崩落部分から救出されたのは15歳の少年だった。
  現場を通りかかった散歩中の男性が、がれきの隙間(すきま)から手を出して助けを求める少年をたまたま見つけたという。少年の母親(54)も救出されたが、搬送先の病院で死亡。その後、生存者は見つかっていない。

   地元当局者によると、崩落現場では時折、がれきの山の一部が崩れ落ちたり鉄骨がねじれたりするような音が聞こえるという。人がいる可能性があるとして、生存者だけに反応する救助犬や音波探知機などを使って音がする付近を調べている。人の声は聞こえないという。地元の郡トップ、ダニエラ・カバ氏は25日の記者会見で「捜索・救助チームは希望を捨てていないと話している」と強調した。
   生存率が著しく下がるとされる「発生から72時間」が迫る中、行方不明者の家族や知人らは焦燥感を募らせている。複数の友人が行方不明だというニコラス・フェルナンデスさんは「みんなだめだと思う。悲観的になりたくないが、ずっと電話をかけているのに反応はない」と米CBSに語った。がれきの山を前に「まるで米同時多発テロの現場のようだ」と話す人もいる。【ニューヨーク隅俊之】


2021.06.25-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20210625-76AS2TZKIRIDTAI66ZOFFGCG3Y/
米南部マンション崩落の死者4人に 不明者なお約160人

  【ワシントン=大内清】米南部フロリダ州マイアミ近郊のサーフサイドで起きたマンション崩落で、地元当局は25日、死者が3人増えて計4人となったと明らかにした。住民ら約160人がなお行方不明。救助隊が捜索を続けており、犠牲者は増える可能性がある。

  救助隊は夜を徹して捜索活動を行った。米メディアによると、負傷者も11人出ているという。建物がさらに崩れる恐れもあり、救助活動は難航している。
  現場は海沿いの保養地で、マンションや観光ホテル、レストランなどが集まる一帯。崩落したマンションは約130世帯が入居しているが、休暇の季節にだけ居住する住民も多い。
  原因は不明だが、地元当局はまず捜索活動を優先させ、その後、原因究明のための作業を本格化する方針。


2021.06.25-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20210625-GVT7OAU2KJJ3JCUREP2UZ33BCQ/
1人死亡、100人不明 米マンション崩落

  【ワシントン=大内清】米南部フロリダ州マイアミの近郊サーフサイドで24日未明、12階建てマンションの一部が崩落し、地元消防当局によると少なくとも1人が死亡した。住民ら約100人が行方不明となっており、犠牲者が増える可能性がある。同日午後までに30人以上が救助されたが、建物がさらに崩れる恐れもあり、救助活動は難航している。

  現場は保養地で知られるマイアミ近郊の海沿いで、マンションや観光ホテル、レストランなどが集まる一帯。崩落したマンションは約130世帯が入居しているが、休暇の季節にだけ居住する住民も多く、崩落時に何人が建物内にいたかは不明だという。崩落の原因は分かっていない。
  マンションは築40年で、行政当局者は、安全性などに関する審査手続きのため、崩落前日にも検査官が現場を訪れていたとしている。
  バイデン米大統領は同日、地元自治体の首長に電話し、連邦政府として支援を申し出た。


2021.06.25-朝日新聞-https://www.asahi.com/articles/ASP6T3W40P6TPTIL00B.html
「家が崩れそうだ」直後、民家2棟4軒崩落 大阪・西成

  25日午前7時半過ぎ、大阪市西成区天下茶屋東2丁目の民家の壁が崩れていると、近くの工事関係者から119番通報があった。消防隊員が駆け付けると、斜面の上に立つ民家1棟2軒が崩落しており、午前10時半過ぎには隣り合う民家1棟2軒も崩落した。

  けが人はいなかった。斜面の下では老人ホームの建設工事が行われていたといい、大阪府警は工事関係者に事情を聴くなど、崩落した原因を調べている。
  阿倍野署によると、同日午前7時15分ごろ、巡回中の同署員が、近隣住民から「道路に水が出ているからなんとかしてほしい」と相談を受けた。
  その後、工事関係者の男性からも「家が崩れそうだ」と相談があったため、近隣住民に避難を呼びかけた。民家はみるみる傾いていき、裏手の斜面の下に崩落したという。
  市消防局によると、4軒のうち2軒は空き家。残る2軒に計3人が住んでいたという。近くに住む40代女性によると、崩落した民家の住人は周囲に「最近家がギシギシ鳴る」と話していたといい「こんなことが起こるなんて……」と驚いていた。
  現場は南海電鉄天下茶屋駅の北東約800メートルの住宅や保育所が立ち並ぶ地域。









このTopに戻る












monomousu   もの申す
最近のニュース
TOPにもどる