monomousu   もの申す
TOPにもどる
ここは2023年1月~
のニュースです
2020年のニュースへ
2021年~2022.年6月までのニュースです
2022年07月~2023.年12月までのニュースです
2024年01月からのニュースです
最近のニュース
ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)
医療-病院の問題-1


2024.02.20-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20240220-EWBI5SESH5IHHAM44WDM3KKH2A/
神戸徳洲会病院に業務改善命令 糖尿病患者の死亡など相次ぐ 「不適切な治療」と認定

  神戸徳洲会病院(神戸市垂水区)で昨年9月以降、糖尿病の入院患者が適切な治療を受けられずに死亡するなどした問題で、同市は20日、運営する医療法人徳洲会に医療法に基づく改善命令を出した。市によると、法人は事実を認め、「真摯(しんし)に改善に取り組む」と話しているという。

  同病院ではカテーテル治療後に複数の患者が死亡していたことが発覚し、市は昨年8月に病院を行政指導だが、その後も医療安全対策が改善されていなかったなどとして、行政処分に踏み切った。
  病院側は市に改善計画書を提出し、改善がみられなければ一部業務停止などの罰則の対象となる。同法による改善命令は兵庫県内では初めて。
  市などによると、昨年8月、糖尿病の70代の男性患者が新型コロナウイルスに感染し、同病院から別の大学病院に転院。その後、神戸徳洲会病院に再入院したが、インスリン投与などの処置が適切に行われず、同9月に死亡した。主治医は電子カルテに記載された持病を見落とした。
  病院は当初、遺族に対し死因を肺炎としていたが、市の立ち入り調査後には「血糖値のコントロールができなかったことが死因の可能性がある」と説明したという。
  今年1月には、市内の福祉施設から心肺停止状態で搬送された90代男性に、血圧を上昇させる薬剤を投与していたが、薬剤が切れた後に死亡。病院は追加分の薬剤を準備していなかった。ほかにも複数の患者の電子カルテで記載漏れが確認されるなどしている


2024.02.13-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20240213-RADPMGIWDFPA7G26I6PMIU7WOE/
人に移植できるブタ3頭、国内初誕生 細胞や臓器、遺伝子改変で拒絶反応回避 明大発企業

  明治大発のベンチャー企業「ポル・メド・テック」は12日、細胞や臓器を人に移植できるように遺伝子を改変したブタ3頭が11日に生まれたと発表した。人への移植を目的に開発されたブタの日本での誕生は初めてという。当面は動物実験で安全性を確認する。

  同社は昨年9月、移植用ブタの開発で先行する米バイオ企業から、人の体内で拒絶反応が起きないように10種類の遺伝子を改変した細胞を輸入。翌月に遺伝的に同じ個体を作り出す体細胞クローニング技術で受精卵を作製し、代理母となるブタの子宮に移植した。
  クローンブタ3頭は帝王切開手術で生まれた。成長の推移を確認後、国内の研究機関に提供し、サルなど他の種類の動物に臓器を移植する研究に使う予定。
  同社創業者の長嶋比呂志明大専任教授(発生工学)は「人への移植に向けた課題を考える契機にしたい」。動物の細胞や臓器の人への移植は「異種移植」と呼ばれ、臓器提供者不足の解決策として期待
される。







このTopに戻る





医療維新 m3.com