癌-1



悪性腫瘍
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


  悪性腫瘍英語: Malignant TumorまたはCancer) は、生体内の自律的な制御を受けずに勝手に増殖を行うようになった細胞集団、つまり腫瘍の中でも、特に周囲の組織浸潤し、または転移を起こす腫瘍のことである。
  がんガンまたは)とも呼ばれ、死亡につながることも多い。
  様々な治療法も存在しており、日本国立がん研究センターは、がんと診断された人の5年生存率10年生存率を調査・発表している。2007年に始まった院内がん登録のデータが初めて利用された2018年時点調査の10年生存率は全体で59.4%で、部位や病期(ステージ)により差が大きい。#治療で詳述。
  ヒト以外の動物にも発生する(後述)。

概要
  ヒトの身体は約六十兆個細胞からなっている。これらの細胞は、正常な状態では、細胞数をほぼ一定に保つように分裂・増殖し過ぎないような制御機構が働いている。それに対して腫瘍は、生体の細胞の遺伝子に何らかの異常が起きて、正常なコントロールを受け付けなくなり自律的に増殖するようになったものである。この腫瘍が正常組織との間に明確な仕切りを作らず浸潤的に増殖していく場合、あるいは転移を起こす場合に悪性腫瘍と呼ばれている
  悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめるとされる。
  「がん」という語は「悪性腫瘍」と同義として用いられることが多く、本稿もそれに倣い「悪性腫瘍」と「がん」とを明確に区別する必要が無い箇所は、同一語として用いている。
用語
  「悪性腫瘍」とは、腫瘍の中でも、特に浸潤性を有し、増殖・転移する悪性を示すもののことであり、「良性腫瘍」と対比される用語である。「非浸潤性乳管がん」のような浸潤なしの悪性腫瘍もある。
  「悪性腫瘍」は「Malignant neoplasm」の訳語として作られた言葉で、「Malignant」は「悪性の」、「Neo」は「新しく」、「Plasm」は「形成されたもの」を意味し、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、Malignant Neoplasm)とも呼ばれる。一般には「」(ガンがん)と呼ばれることが多い。
  社会の機構や組織について「○○は△△のがんだ」「△△のガン細胞」と比喩表現が使われることがある。
  「がん」を意味する「Cancer」は、かに座 (Cancer) と同じ単語であり、乳癌の腫瘍がの脚のような広がりを見せたところから、「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスが「蟹」の意味として名づけ、これをアウルス・コルネリウス・ケルススが「Cancer」とラテン語に翻訳した。
  漢字の「癌」は病垂と「」の異体字である「」との会意形声文字で、本来は「乳がん」の意味である。触診すると岩のようにこりこりしているからで、江戸時代の日本においては「岩」と書かれた文書もある。「悪性腫瘍」は、日本における一般人の表現としては「がん」として知られている。
  病理学的には、漢字の「癌」は悪性腫瘍の中でも特に上皮由来の「癌腫」(上皮腫)を指す。平仮名の「がん」は、「癌腫」や非上皮由来の「肉腫」、白血病のような血液悪性腫瘍も含めた広義的な意味で悪性腫瘍を表す言葉として使われており、「国立がん研究センター」、各都道府県における「〇〇県がんセンター」と表記している。
医学的分類
  悪性腫瘍の用語は病理学において以下のように分類される。
   ・癌腫上皮組織由来の悪性腫瘍、皮膚の上という意味において、皮膚表面からつながる内臓の内側つまり胃の中、腸の中に発生するものが上皮由来となる。カルシノーマ。
   ・肉腫 :非上皮組織由来の悪性腫瘍、皮膚の上でない部位、平滑筋の中や後腹膜に発生するものを非上皮由来となる。サルコーマ。
   ・その他:白血病 以上を合わせた悪性腫瘍全体を指し示すのがひらがなの「がん」(Cancer)となる。
主な作用
  悪性腫瘍は、
   ・制限に栄養を使って増殖するため、生体は急速に消耗する。
   ・臓器の正常組織を置き換え、もしくは圧迫して機能不全に陥れる。
   ・常な内分泌により正常な生体機能を妨げる。(詳細は「播種性血管内凝固症候群 (DIC) 」、「傍腫瘍症候群」、および「高カルシウム血症」を参)
   ・全身に転移することにより、多数の臓器を機能不全に陥れる。
がんの代謝
  通常の細胞では、酸素が十分に供給されている時は、ATP合成のエネルギー効率が高いが合成速度の遅いミトコンドリアでの酸化的リン酸化でエネルギー生産を行い、酸素が十分に供給されない時は、エネルギー効率が悪いが速度の速い解糖系によって、エネルギーを得ている。一方、がん細胞は酸素が十分に供給されている環境下でもエネルギー効率の悪い解糖系で活動する。これはワールブルク効果(「ウォーバーグ効果」とも)と呼ばれている。この現象は以前から知られていたが、代謝物を一斉に測定・解析を行なうメタボロミクスによって、非がん組織と比較してがん組織で解糖系の代謝中間体のプロファイルが明らかになり、解糖系の活性化が明確に示された。なお、通常の細胞の代謝に関しては解糖系によるATP合成速度は電子伝達系によるATP合成速度の約100倍の速度を有している。
  癌組織の多くがブドウ糖代謝に活発(言い換えると、「癌細胞はブドウ糖をエサにして増殖する」)な性質を利用してポジトロン断層法(PET)ががん診断に利用されている。
疫学
  世界保健機関(WHO)によれば、2005年の世界の5800万人の死亡のうち、悪性腫瘍による死亡は13%(760万人)を占める。死亡原因となった悪性腫瘍のうち、最多のものは肺がん(130万人)で、胃がん(100万人)、肝がん大腸がん乳がんが続く悪性腫瘍による死亡は増加し続け、2030年には1140万人が悪性腫瘍で死亡すると予測されている。
  日本の原因疾患別死亡者数の割合と順位では1951年から1980年まで30年間1位だった脳血管疾患に代わり、1981年から2015年まで35年連続で1位であり、2015年度は死亡者数129万0428人のうち、がんによる死者数は37万0131人であり、死亡者総数に対する割合は28.7%である。
分類(詳細は「癌の一覧」および「ICD-10 第2章:新生物」を参照)
  「がん」は単一の細胞を起源とし、発生母地となった細胞の種類(組織学的分類)と細胞の身体的部位(解剖学的分類)とで分類できる。
組織学的分類組織型および各腫瘍組織型の記事を参照。)
  なお、病期分類に関しては、腫瘍学の項か、各癌の記事に詳しく記した。
成人のがん
  成人の「がん」は通常は上皮組織に形成され、遺伝的あるいは内因的特性を持つ人々が外的要因に曝された影響による長期間にわたる生物学的プロセスの結果として生じる、と大方の場合は考えられている。肉腫は上皮由来ではないが、悪性腫瘍として癌と同様に検査・診断・加療される。
  次に例を示す:(「がん」「癌」については、明確に癌腫の場合は「〜癌」、疾患名の場合は「〜がん」と表記している)
・血液(および骨髄) - 造血細胞悪性腫瘍・白血病リンパ腫ホジキン病非ホジキンリンパ腫多発性骨髄腫脳腫瘍乳がん子宮体がん - 子宮子宮頚がん・卵巣がん食道癌胃癌虫垂癌大腸癌 - 大腸直腸肛門およびその付随組織・肝癌肝細胞癌 - 肝臓胆嚢癌胆管癌膵臓がん(膵がん)・副腎癌消化管間質腫瘍(GIST)。中皮腫 - 胸膜腹膜心膜頭頚部癌喉頭癌口腔癌口腔底癌歯肉癌舌癌頬粘膜癌唾液腺癌副鼻腔癌上顎洞癌前頭洞癌篩骨洞癌蝶型骨洞癌甲状腺癌腎臓がん肺癌骨肉腫 - ユーイング肉腫軟骨肉腫前立腺癌精巣腫瘍睾丸がん)・腎細胞癌 - 腎臓膀胱癌横紋筋肉腫 - 筋肉骨格筋)・皮膚癌(「ほくろ」と形成異常母斑を含む)・肛門癌
幼児期のがん(詳細は「小児がん」を参照)
  「がん」は幼い子供にも発生し、場合によっては新生児にも発生する異常な遺伝形質プロセスのために細胞の複製幼若化に対して抑制が利かないので、制御されない増殖が早期より亢進し、進行も速い。肉腫が多いことも特徴として挙げられる。そのため、外科治療による治癒が難しいとされるが、抗がん剤が効きやすいともいわれる。
  幼児期のがんの発生ピーク年齢生後一年以内にある神経芽細胞腫は最も普通に見られる新生児の悪性腫瘍であり、白血病(leukemia)と中枢神経がんがその次に続く。女子新生児と男子新生児とは概して同じ発生率である。しかし、白人の新生児は黒人の新生児に比べてほとんどの種類のがんにおいて大幅に発生率が高い。
  新生児の神経芽細胞腫は生存率が非常に良く、ウィルムス腫瘍網膜芽細胞腫も非常に良いが、他のものはそれほど良くない。
  幼児期がんを次に示す:(概ね発生頻度順、「がん」「癌」は明確に癌腫の場合は「〜癌」、疾患名の場合は「〜がん」とした)
神経芽細胞腫白血病・中枢神経がん・ウィルムス腫瘍生殖細胞がん・軟組織肉腫・肝がん - 肝芽腫・リンパ腫・上皮性がん・小児脳幹部グリオーマ
発生機序
  比較的多いのは「遺伝子に起きた何らかの変化が関わって生じている」とする説明である。その遺伝子の変化がどのように生じているのかは様々な要素・条件が指摘されていて、研究者ごとにその指摘の内容や列挙の仕方は異なる。数百年前に比べれば多くのことが分かってきてはいるものの、現在でも悪性腫瘍発生の仕組みの全てが解明されているとも言えず、研究者を越えて同一の考え方が共有されているとも言い難い。

  発生機序について、どの説明でもほぼ共通して言及されている内容というのは、何らかの遺伝子の変化と細胞の増殖の関係である。その説明は、身体を構成している数十兆の細胞は、分裂増殖と、「プログラムされた細胞死」(アポトーシス)を繰り返している。正常な状態では、細胞の成長と分裂は、身体が新しい細胞を必要とするときのみ引き起こされるよう制御されている。
  すなわち細胞が老化・欠損して死滅する時に新しい細胞が生じて置き換わる。ところが特定の遺伝子(通常複数の遺伝子)に変異(=書き変わること)が生じると、このプロセスの秩序を乱してしまうようになる。すなわち、身体が必要としていない場合でも細胞分裂を起こして増殖し、逆に死滅すべき細胞が死滅しなくなる。
  ただし、数十兆個の細胞で構成されている人体全体では、実は、毎日数千個単位で遺伝子の変異は生じており、それでも健康な人の場合は一般に、体内に生じた遺伝子が変異した細胞を、何らかの仕組みによって統制することに成功しており(免疫やいわゆる自然治癒力)、遺伝子が変異した悪性のがん細胞が 体内にある程度の個数存在するからといって、必ずしも人体レベルで悪性腫瘍になるというわけでもない、ということも近年では明らかにされている。

  一方で「全ての遺伝子の突然変異ががんに関係しているわけではなく、特定の遺伝子(下述)の変異だけが関与している」と主張する研究者もいるが、他方で「発癌には様々なプロセスが関わっている」「がんに関与する因子ならびにがんに至るプロセスは単一ではなく、複数の遺伝子変異も含めて様々な機構の不具合が関与する」とする研究者もいる(多段階発癌説')。
  臨床の現場で「悪性腫瘍」と判断される段階に至るまでには、個々の細胞の遺伝子の変化以外にも、人体のマクロレベルで働いている機構(がん化した細胞を制御する免疫機構、「自然治癒力」とも呼ばれる)が不具合に陥ってしまうことも含めて、様々な内的・外的な要因が複雑に作用している、とも指摘されている。

  近年では大規模統計、疫学的な調査によって、人々の生活環境に存在する化学物質といった外的な要因や、その人の生活習慣、様々な条件・要因が悪性腫瘍発生の要因として働いている、と分析されるようになっている(後述)。また、今日では、最近研究が進んだエピジェネティック研究も反映して、遺伝子のエピジェネティック変化が要因となることもある、と指摘されることもある。
  このように悪性腫瘍の発生機序については、諸見解があるものの、いずれにせよ、そうして生じた過剰な細胞は組織の塊を形成し、臨床の場でも認識できるようになり、医師などによって「腫瘍」あるいは「新生物」と呼ばれるようになる。そして、腫瘍は「良性(非がん性)」と「悪性(がん性)」に分類されることになる良性腫瘍とは、まれに命を脅かすことがあるが(特にに出来た場合)、身体の他の部分に浸潤転移はせず、肥大化も見られないものをそう呼んでいる。一方、悪性腫瘍は浸潤・転移し、生命を脅かすものをそう呼んでいる。
  WHOによると、禁煙や健康的な食生活・適度な運動により、悪性腫瘍による死亡のうち40%は予防可能であるとされる。特に喫煙は予防可能な死亡の最大の原因とされ、肺がんの80%から90%が喫煙に起因する。受動喫煙も肺がんの原因である。(後述「環境と食事」「予防」も参照)
がん発生に関与する遺伝子群
  がん抑制遺伝子といわれる遺伝子群の変異による機能不全が最もがん発生に関与しているといわれている。がん抑制遺伝子は、ヒトの腫瘍に異常が最も多くみられる種類の遺伝子である。
  また、がんの多くの部分を占める自発性がんと、割合としては小さい遺伝性がんの両方に異常が見つかる点で、がん研究における重要性が高い。p53遺伝子に変異が起こると、適切にアポトーシス(細胞死)や細胞分裂停止(G1/S細胞周期チェックポイント)を起こす機能が阻害され、細胞は異常な増殖が可能となり、腫瘍細胞となりえる。p53遺伝子破壊マウスは正常に生まれてくるにもかかわらず、成長に伴って高頻度にがんを発生する。p53の異常は他の遺伝子上の変異も誘導すると考えられる。p53の他にも多くのがん抑制遺伝子が見つかっている。
  一方、変異によってその遺伝子産物が活性化し、細胞の異常な増殖が可能となって、腫瘍細胞の生成につながるような遺伝子も見つかっており、これらをがん遺伝子と称する。これは、がん抑制遺伝子産物が不活性化して細胞ががん化するのとは対照的である。がん研究はがん遺伝子の研究からがん抑制遺伝子の研究に重心が移ってきた歴史があり、現在においてはがん抑制遺伝子の変異が主要な研究対象となっている
分化度
  ヒトの身体を構成する60兆とも言われる細胞は、1個の受精卵から発生を開始し、当初は形態的機能的な違いが見られなかった細胞は各種幹細胞を経て組織固有の形態および機能を持った細胞へと変化してゆく。この形態的機能的な細胞の変化を分化という。細胞の発生学的特徴の一つとして、未分化細胞ほど細胞周期が短く盛んに分裂増殖を繰り返す傾向がある。通常、分化の方向は一方向であり、正常組織では分化の方向に逆行する細胞の幼若化(=脱分化)は、損傷した組織の再生を除き、発生しない。
  しかしがん細胞は特徴の一つに幼若化/脱分化するという性質があるため、その結果、分化度の高い(=高分化な)がん細胞や、ときには非がん組織から、低分化あるいは未分化ながん細胞が生じる。細胞検体の検査を行ったとき、細胞分化度が高いものほど臓器の構造・機能的性質を残しており、比較的悪性度が低いと言える(インスリノーマのような例外もある)。また、通常は分化度の低いものほど転移後の増殖も早く、治療予後も不良である。
  化学療法は、特定の細胞周期に依存して作用するものが多いため、細胞周期が亢進している分化度が低いがんほど化学療法に対して感受性が高いという傾向がある。なお、腫瘍細胞への作用原理・特性は「化学療法 (悪性腫瘍)」の項に詳しく記した。
接触阻害の機能喪失と無限増殖能
  細胞生物学における接触阻害とは、細胞がお互いに接触するまで増殖した場合に起こる細胞の増殖が停止する細胞の性質のことである。癌細胞では通常、この接触阻害の性質を失っており、隣の細胞に接触した場合でも増殖を停止できない状況に至っている。癌細胞は、接触時に増殖を停止したり成長方向を変更したりすることはないため、お互いの細胞の上に積み上がって成長を続けることとなる。つまり癌細胞は、この接触阻害の性質を失っており、かつ、無限に増殖できる能力を獲得している。癌細胞の特徴として、接触阻害の消失、増殖因子要求性の低下、転移能の前提である足場非依存性増殖能の獲得、不死化、転移能の獲得、脱分化の発現が掲げられ、発癌はこのような過度の増殖亢進の結果である。
がんとアポトーシス
  イニシエーション(en:Tumor initiation)とプロモーションによって細胞増殖が起き過形成となるとアポトーシスの機構が働き、細胞の増殖が抑えられる。しかしアポトーシスが進行して細胞数が減ると逆に体内でアポトーシスを抑制して細胞増殖を促進するようになる。例えば放射線で誘発されるリンパ腫の実験ではアポトーシスを起こしやすい動物系統がリンパ腫を発生させやすい。アポトーシスが起こり細胞が減少するとアポトーシスを抑制して細胞増殖を促進させるようになり、これが癌化への引き金となる。ウイルス感染(エプスタインバーウイルス(EBV)、パピローマウイルス(HPV)、ヒトT細胞白血病ウイルス、B型及びC型肝炎ウイルス)、化学物質による発がんも放射線誘発発がんと同様にアポトーシスの亢進に引き続くアポトーシスの抑制(遺伝子bcl-2の活性化)が癌化に際して重要な要因となっている。がん抑制遺伝子p53はDNA損傷の修復を助けるが、損傷を修復できない場合にはアポトーシスを誘発させて細胞ごと消去する。p53に異常があるとアポトーシスが起こりにくくなり発がんにつながることになる。
発生要因
  悪性腫瘍(がん)は、細胞のDNAの特定部位に幾重もの異常が積み重なって発生する、と説明されることが多い。異常が生じるメカニズムは多様であり、全てが知られているわけではない。遺伝子の異常は、通常の細胞分裂に伴ってもしばしば生じていることも知られており、また偶発的に癌遺伝子の変異が起こることもありうるし、発癌の確率(すなわち遺伝子の変異の確率)を高めるウイルス、化学物質、放射線(環境放射線人工放射線X線検査CTスキャンなどによる医療被曝)など、多様な環境因子や様々な要因が明らかになってきている。
  なお、健康状態の生体内ではDNA修復機構や細胞免疫、悪性腫瘍を修復したり抑え込んだり排除したりする機構も働いている。
  つまり、既に悪性腫瘍が生体内にある状態になっている場合、そこにはDNA修復機構の不調や細胞免疫の不調が複雑に絡んでいる場合もあり、「水疱瘡水痘・帯状疱疹ウイルス (Varicella-zoster virus) の感染で起こる」といったような一対一の因果関係の説明は、癌においては示しにくいことが多い。
喫煙
  喫煙と癌の相関については、数十年にわたる調査での一貫した結果でも明らかになっている。数百の疫学調査により、たばことがんとの関係が確認されている。アメリカ合衆国における肺がんによる死亡の比率とたばこ消費量の増加パターンは鏡写しのようであり、喫煙が増加すると肺がん死比率も劇的に増加した。渡邊昌は「日本政府が日本たばこ産業 (JT) 株式の半数以上を保有しているため、喫煙規制や禁煙に関する動きが進みにくかった」と指摘しており、がんの死亡率の1位は肺がんとなっている。
食事
  厚生労働省は「食生活の欧米化』が癌による死を増やした」と考えている。
  一方で、北極に住むエスキモーたちと暮らした経験がある探検家、ヴィルヒャムル・ステファンソン(Vilhjálmur Stefánsson)の事例もある。ステファンソンはエスキモーたちとの共同生活で、「脂肪が多い肉と魚」を毎日食べ、赤身肉よりも脂肪を優先的に食べるようにし、脂肪の摂取量が少ないと体調不良に陥った。
完全肉食生活
  ヴィルヒャムル・ステファンソンは、食事療法、とりわけ、炭水化物が少ない食事療法に大いに関心を抱いていた。ステファンソンはイヌイットたちの食事について、「全体の90%が肉と魚で構成されている」と記録している。彼らの食事は「Zero Carb」「No Carb」(「炭水化物をほとんど含まない食事」)と見なされるかもしれない(彼らが食べていた魚にはわずかな量のグリコーゲン(Glycogen)が含まれてはいたが、炭水化物の摂取量は全体的にごく僅かであった)。
  ステファンソンの仲間の探検家たちも、この食事法で完全に健康体であった。イヌイット(ステファンソンの時代には「エスキモー」と呼ばれていた)たちとの暮らしから数年後、ステファンソンは、アメリカ自然史博物館からの要請で、同僚のカーステン・アンダーソン(Karsten Anderson)とともに再び北極を訪れた。
  2人のもとには「文明化された」食料が1年分補給される予定であったが、2人はこれをやんわりと断った。当初の計画は1年間であったものが、最終的には4年間に延長された。北極圏にいた2人がその4年間で食べていたものは、捕えて殺して得られた動物の肉と魚だけであった。4年に亘る肉食生活を送る過程で、2人の身体には異常も悪影響も見られなかった。
  かのウィリアム・バンティング(William Banting)と同じく、炭水化物のみを制限し、身体が本当に必要としている食べ物を食べ続けた場合、身体は完全に機能し、壮健さと細身を維持できることが明らかとなった。「カロリー」については一切無視された

  肉だけを食べる食事法が続行可能かどうかについての見解をステファンソンが報告した際には多くの懐疑論が出たが、のちに行われた研究と分析で、それは可能であることが裏付けられた。複数の研究結果により、イヌイットたちの食事法は「ケトン食療法」(The Ketogenic Diet)であることが示された。彼らは主に魚や肉を煮込んで食べており、時には魚を生で食べることもあった。この食事療法は、メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)の医師、ラッセル・ワイルダー(Russell Wilder)が1920年代前半に開発したもので、元々は癲癇を治療するために開発し、患者に処方していた。砂糖、甘い果物全般、デンプンが豊富なもの全般を避け、各種ナッツ、生クリームバターの摂取を増やす。栄養素の構成比率は、「脂肪(4):タンパク質と炭水化物(1)」である。脂肪分が90%、タンパク質が6%で、炭水化物の摂取は可能な限り避ける食事法である。

  1928年、ステファンソンとアンダーソンの2人はニューヨークにあるベルヴュー病院(en:Bellevue Hospital)に入院し、完全肉食生活が体に及ぼす影響についての実験台となった。実験の期間は1年間であり、コーネル大学のウジェーヌ・フロイド・デュボア(en:Eugene Floyd DuBois)が実験を指揮した。ステファンソンとアンダーソンの2人は、注意深く観察された実験室という設定で、最初の数週間、肉だけを食べ続けても問題無いことを証明する研究の着手に同意し、「食事における決まり事」を確かなものにするために観察者が付いた。スコット・カトリップ(en:Scott Cutlip)による著書『The Unseen Power: Public Relations』によれば、ペンドルトン・ダッドリー(en:Pendleton Dudley)がアメリカ食肉協会(en:American Meat Institute)に対して、この研究に資金を提供してもらえないか、と説得したという。
  この間にアンダーソンには糖尿病の症状が発現した。糖尿病における病理とは異なり、この研究の過程でアンダーソンの身体に見られた糖尿病の病状の期間は4日間であった。耐性を調べるためにブドウ糖100gを投与させたことと、肺炎の発症はいずれも同時期であった。この時のアンダーソンは、水分と炭水化物が多い食事を取っており、これを排除すると、糖尿病の症状は消滅した。

  ステファンソンは、研究者から「脂肪が少ない赤身肉だけを食べる」よう依頼された。ステファンソンには脂肪がほとんど無い肉を食べ続けると2-3週間後に健康を損なった経験があり、「脂肪がほとんど無い肉」は「消化不良」を引き起こす可能性がある、と指摘した。この肉を食べ続けて3日目、ステファンソンは吐き気と下痢に見舞われ、そのあとに便秘が10日間続いた。
  早い段階で体調不良に陥ったのは、自身が以前に食べていたカリブー(トナカイ)の肉と比べて脂肪が少ない肉を食べ続けたのが原因である、とステファンソンは考えた。脂肪が多い肉を食べるようにすると、2日以内に身体は完全に回復した。最初の2日間、ステファンソンが取っていた食事は、脂肪の摂取量が三分の一に減っていた点を除けば、エスキモーが取っていた食事に近いものであった。
  タンパク質の摂取カロリーは全体の45%を占めており、3日目には腸に異常が見え始めた。次の2日間でステファンソンはタンパク質の摂取量を減らし、脂肪の摂取量を増やした。摂取カロリーの約20%をタンパク質で、残りの80%を脂肪で占めるようにした。この2日間での高脂肪食でステファンソンの腸の状態は投薬無しで正常に戻った。その後、ステファンソンはタンパク質の1日の摂取カロリーが25%を超えないようにした。
  2人の身体は健康を保ち、腸も正常なままであった。彼らの便は小さく、匂いも無かった。ステファンソンには歯肉炎があり、歯石の沈着が増加するも、実験が終わるまでには消えていた。実験中のステファンソンの摂取カロリーは2000-3100kcalで、そのうちの20%はタンパク質であり、残りの80%は動物性脂肪から得ていた。
  栄養素の1日の摂取量については、タンパク質は100-140g、脂肪は200-300gで、炭水化物については7-12gであった。1929年に発表された論文では、この時の完全肉食生活について詳述されている。ステファンソンによれば、エスキモーたちは赤身肉(タンパク質)の摂取を制限し、余分な赤身肉は犬に与えて食べさせ、脂肪を確保して食べたという。これらの事例と証拠から、「脂肪が多い肉を食べると癌になるという主張には説得力が無い
  1960年代以降、「動物性脂肪を豊富に含む動物性食品は、健康に悪影響を及ぼす可能性がある」と言われるようになると、栄養学者たちは「動物の肉には、生命維持に欠かせない全ての必須アミノ酸、全ての必須脂肪酸、13種類ある必須ビタミンのうちの12種類がたくさん含まれている」という栄養学上の事実の指摘を控えるようになった。ビタミンDビタミンB12の両方を含む食べ物は「動物性食品だけ」である。
  エスキモーとステファンソンによるケトン食療法(炭水化物を徹底的に避け、脂肪を大量に摂取する)は癌の治療や予防に有効である可能性を示している
久山町研究
  1998年に福岡県久山町で行われた「久山町研究」では、糖尿病は悪性腫瘍死の発生のリスクを有意に増大させ、高血糖の程度を示すヘモグロビンA1cの高値の者ほど胃がんの発生率が高かった」という研究結果が得られた。この一町村の調査報告の中では糖尿病及び高血糖は悪性腫瘍の重要な危険因子である可能性を指摘している。糖尿病と診断されたことのある人は、そうでない人に比べて、がんを患いやすくなる確率20-30%ほど上がり、男性では肝がん腎臓がん膵がん結腸がん、胃がん、女性では胃がん、肝がん、卵巣がんでこの傾向が強いことがコホート研究で示唆された。C-ペプチドは、インスリン生成の際、インスリンの前駆体であるプロインスリンから切り放された部分を指すが、男性では、C-ペプチド値が高いと大腸癌リスクが高くなる。C-ペプチドは男性の結腸癌と関連がある。
  1988年以降、久山町では、九州大学をはじめとする複数の大学の研究者たちが、炭水化物が多く、脂肪は少なく、摂取カロリーも低めの食事を住民に食べさせ続けたところ、糖尿病だけでなく、アルツハイマー型認知症を患う住民が増えた。前述のとおり、糖尿病は癌を患うリスクをさらに上昇させる。
  血糖コントロール悪化から入院した糖尿病患者の6.85%に新規に悪性腫瘍が指摘され、高い罹患率を認めたことから、急激な血糖コントロールの悪化を認めた際には、悪性腫瘍の鑑別が必要となる。
  ストレス:ストレスを長期にわたって受け続けると、血流の低下、免疫力の低下につながり、がんになる確率が上がる。
  WHOと国際がん研究機関(IARC)による「生活習慣とがんの関連」についての報告がある
発がん性を有する化学物質や放射線へ暴露
  化学物質への暴露が発がんを引き起こすことがあり、国際がん研究機関(IARC)はヒトに対する発癌性が認められる化学物質(Group1)として、石綿ベンゼン六価クロムヒ素カドミウムベンジジン1,2-ジクロロプロパン放射線としてγ線X線を掲げている(詳細は「IARC発がん性リスク一覧」を参照のこと)。
病因微生物(ウイルスや細菌)
  一部の悪性腫瘍(がん)については、ウイルス細菌による感染が、その発生の重要な原因であることが判明している。現在、因果関係が疑われているものまで含めると以下の通り。
   ・子宮頸部扁平上皮癌 - ヒトパピローマウイルス16型、18型(HPV-16, 18)・バーキットリンパ腫、咽頭癌胃癌 - EBウイルス(EBV)・成人T細胞白血病 - ヒトTリンパ球好性ウイルス肝細胞癌 - B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)・カポジ肉腫 - ヒトヘルペスウイルス8型(HHV-8)・胃癌および胃MALTリンパ腫 - ヘリコバクター・ピロリ

  これらの病原微生物によってがんが発生する機構は様々である。ヒトパピローマウイルスやEBウイルス、ヒトTリンパ球好性ウイルスの場合、ウイルスの持つウイルスがん遺伝子の働きによって細胞の増殖が亢進したり、p53遺伝子RB遺伝子の機能が抑制されることで細胞ががん化に向かったりする。肝炎ウイルスやヘリコバクター・ピロリでは、これらの微生物感染によって肝炎や胃炎の炎症が頻発した結果、がんの発生リスクが増大すると考えられている。
  またレトロウイルスの遺伝子が正常な宿主細胞の遺伝子に組み込まれる過程で、宿主の持つがん抑制遺伝子が欠損することがあることも知られている。ただしこれらの病原微生物による感染も多段階発癌の1ステップであり、それ単独のみでは癌が発生するには至らないと考えられている。
  2005年にスウェーデンマルメ大学で行われた研究では、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した人間との、予防手段を用いないオーラルセックス口腔癌のリスクを高める、と示唆した。この研究によると、癌患者の36%がHPVに感染していたのに対し、健康な対照群では1%しか感染していなかった。
  『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』誌で発表された最近の別の研究は、オーラルセックスと咽喉癌には相関関係があることを示唆している。HPVは頸部癌の大半に関係しているので、この相関関係はHPVの感染によるものと考えられている。この研究は、生涯に1-5人のパートナーとオーラルセックスを行った者は全く行わなかった者に比べおよそ2倍、6人以上のパートナーと行った者は3.5倍の咽喉癌のリスクがあると結論付けている。
遺伝的原因
  大部分のがんは偶発的であり、特定遺伝子の遺伝的な欠損や変異によるものではない。しかし遺伝的要素を持ちあわせる、がん症候群が存在する。
   ・女性のBRCA1/BRCA2遺伝子がもたらす、乳癌あるいは卵巣癌・多発性内分泌腺腫- 遺伝子MEN types 1, 2a, 2bによる種々の内分泌腺の腫瘍・p53遺伝子の変異により発症するLi-Fraumeni症候群 (骨肉腫、乳がん、軟組織肉腫、脳腫瘍)・(脳腫瘍や大腸ポリポーシスを起す)Turcot症候群・若年期に大腸癌を発症する、APC遺伝子の変異が遺伝した家族性大腸腺腫症・若年期に大腸癌を発症する、hMLH1, hMSH2, hMSH6DNA修復遺伝子の変異が遺伝した遺伝性非ポリポーシス大腸癌・幼少期に網膜内にがんが発生する、Rb遺伝子の変異が遺伝した網膜芽細胞腫・若年期に高頻度に多発性嚢胞腎を発症し、のちに腎がんが発生する、VHL遺伝子の変異が遺伝したフォン・ヒッペル・リンドウ病・原因となる遺伝子は不詳であるが、家族内集積のみられる非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) や原発性胆汁性胆管炎 (PBC) による肝細胞癌
  遺伝的素因と環境因子の双方により発癌リスクが高くなるものとして、アルコール脱水素酵素の低活性とアルコール多飲がある。これらが揃うと頭頸部癌咽頭癌食道癌)の罹患率が上昇する。日本を含むアジアではアルコール脱水素酵素(ADH1B)の活性が低い人が多い。
予防
  子宮頸癌は発癌リスクを軽減できるHPVワクチンが日本でも認可された。胃癌ヘリコバクター・ピロリを除菌することにより、発癌リスクを軽減できることが報告されている。B型肝炎エンテカビルによりHBVウイルスを減少させることで、C型肝炎インターフェロン療法によりHCVを駆除することにより、発癌リスクを軽減できることがわかっている。
がん予防10か条(世界がん研究基金)
  2007年11月1日、世界がん研究基金アメリカがん研究協会によって7000以上の研究を根拠に「食べもの、栄養、運動とがん予防」が報告されている。これは1997年に公表され、日本では「がん予防15か条」と呼ばれていた4500以上の研究を元にした報告の大きな更新である。
  1肥満 ゴール:BMIは21-23の範囲に。推薦:標準体重の維持。
  2運動 推薦:毎日少なくとも30分の運動。
  3体重を増やす飲食物 推薦:高エネルギーの食べものや砂糖入り飲料やフルーツジュース、ファーストフードの摂取を制限する。飲料として水やや無糖コーヒーが推奨される。
  4植物性食品 ゴール:毎日少なくとも600グラムの野菜や果物と、少なくとも25グラムの食物繊維を摂取するための精白されていない穀物である全粒穀物を食べる。推奨:毎日400グラム以上の野菜や果物と、全粒穀物と豆を食べる。精白された穀物を制限する。
  5動物性食品 赤肉)を制限し、加工肉(ハムベーコンサラミ燻製肉、熟成肉塩蔵肉)は避ける。赤肉より、鶏肉が推奨される。ゴール:赤肉は週300グラム以下に。推奨:赤肉は週500グラム以下に。乳製品は議論があるため推奨されていない。
  6アルコール 男性は1日2杯、女性は1日1杯まで。
  7保存、調理 ゴール:塩分摂取量を1日に5グラム以下に。推奨:塩辛い食べものを避ける。塩分摂取量を1日に6グラム以下に。カビのある穀物や豆を避ける。
  8サプリメント ゴール:サプリメントなしで栄養が満たせる。推奨:がん予防のためにサプリメントに頼らない。
  9母乳哺育 6か月、母乳哺育をする。これは母親を主に乳がんから、子供を肥満や病気から守る。
 10がん治療後 がん治療を行ったなら、栄養、体重、運動について専門家の指導を受ける。
  喫煙は肺、口腔、膀胱がんの主因であり、タバコの煙は最も明確に多くの部位のがんの原因であると強調。また、タバコとアルコールは相乗作用で発癌物質となる。
がん対策の目標(健康日本21-日本厚生労働省)
  2000年、厚生労働省健康日本21 によってがん対策の目標が提唱されている。
   ・喫煙が及ぼす健康影響についての知識の普及、分煙、節煙。・食塩摂取量を1日10g未満に減らす。・野菜の平均摂取量を1日350g以上に増やす。・果物類を摂取している人の割合を増やす。・食事中の脂肪の比率を25%以下にする。・純アルコールで1日に約60g飲酒する人の割合を減少する。「節度ある適度な飲酒」は、約20gという知識の普及。・がん検診。胃がん、乳がん、大腸がんの検診受診者の5割以上の増加。
がんを防ぐための12か条(日本国立がんセンター)
  1978年、日本の国立がんセンター(現・国立研究開発法人 国立がん研究センター)は「がんを防ぐための12ヵ条」を提唱している。
   ・バランスのとれた栄養をとる(好き嫌いや偏食をつつしむ)・毎日、変化のある食生活を(同じ食品ばかり食べない)・食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに・お酒はほどほどに(強い酒や飲酒中のタバコは極力控える)・たばこは吸わないように(受動喫煙は危険)・食べものから適量のビタミン食物繊維を摂る(自然の食品の中からしっかりとる)・塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから・焦げた部分はさける・かびの生えたものに注意(輸入ピーナッツとうもろこしに要注意)・日光に当たりすぎない・適度に運動をする(ストレスに注意):体を清潔に
日本人のためのがん予防法(国立がん研究センター)

診断(詳細は「腫瘍学」を参照)
  「がん」の診断には2つの状況がある。一つは臨床診断(特に病理検査と、もう一つは集団検診(がん検診; 術後検診を含む)である。がんを根治する上で重要な点は「早期発見」と「全摘出手術の可能性検証」が挙げられる。言い換えると、集団検診と臨床診断とが効果的に機能して初めて、がん治療が成功に導かれる。また全摘出手術が困難な状況において、がんの種類によって異なる有効な治療法を選択する目的でも、臨床診断は重要である。一方、全摘出手術が成功した場合においても、再発がん、二次性がんの発生の懸念があるため、その局面においても術後定期検診は重要になる。
細胞診断・生検組織診断
  「がん」の組織は顕微鏡下での観察、すなわち検鏡によって、形態から鑑別される。判定像では多くの分裂中の細胞が観察され、細胞核のサイズや形状はばらばらであり、(分化した)細胞の特徴が消失している。これらは細胞診でも生検組織診でも確認できる特徴である。組織診では正常な組織構造が失われている点や、周囲の組織(が一緒に採取されていれば、そこ)と腫瘍との境界が不明瞭であることが観察される。
  生検組織診は、過形成異形成、上皮内癌と浸潤癌との鑑別に有用である。
進行度
  「がん」の進行度を表すものとして「TNM分類」や「ステージ分類」がある。
 TNM分類-T(tumor、腫瘍)、N(nodes、所属リンパ節)、M(metastasis、遠隔転移)の3つの観点から進行度を分類したもの。T1~4、N0~3、M0~1の組み合わせで表現する。
 ステージ分類
  TNM分類を元に、がんの進行度と広がりの程度を合わせて表すことができるように、と新たに作成された。臨床に沿った分類であり、「臨床進行期分類」と呼ばれる。ステージ0(上皮内癌)〜ステージIVの五段階で分類される。個体としてのを迎えた段階で体内には1kg前後のがん細胞が生成されている。
 ・ステージ0 がん腫瘍が上皮内にとどまっている。リンパ節への転移はない。
 ・ステージI がん腫瘍が広がっているが、筋肉層でとどまっている。リンパ節への転移はない。
 ・ステージII がん腫瘍が筋肉層を超えて浸潤しているがリンパ節への転移はない。または、腫瘍は広がっていないが弱若リンパ節への転移が見られる。
 ・ステージIII がん腫瘍の浸潤が大きくなり、リンパ節に転移している。
 ・ステージIV がん腫瘍がはじめにできた原発巣を超えて、他の臓器に転移している。いわゆる末期がん
 ・TMN分類と同様に、臓器別に細かく分類されているため、上記の分類から更に詳細に分類される場合がある。胃がんの場合は、TNM分類との対比で以下のように定義されている
胃がんの進行度分類(TNM分類)と病期
NO
リンパ節転移がない
N1
胃の領域リンパ節(※)のうち、
1~2個に転移している
N2
胃の領域リンパ節のうち、
3~6個に転移している
N3
胃の領域リンパ節のうち、
7個以上に転移している
M1
胃の領域リンパ節以外の
リンパ節に転移している
T1a (M)
胃の粘膜に限局している
IA IB IIA IIB IV
T1b (SM)
胃の粘膜下層に達している
IA
T2 (MP)
胃の筋層に達している
IB IIA IIB IIIA
T3 (SS)
胃の筋層を越え、
漿膜下層に達している
IIA IIB IIIA IIIB
T4a (SE)
がんが漿膜を越え、
胃の表面に出ている
IIB IIIA IIIB IIIC
T4b (SI)
がんが胃の表面に出たうえに、
他臓器にもがんが続いている
IIB IIIB IIIC IIIC
※胃の近くにあって転移しやすいリンパ節のことで、日本臨床外科学会の『胃治療ガイドライン』では13個のリンパ節を「領域リンパ節」 としている。

治療
  日本において昭和の頃は、「がん」といえば死の宣告と同義であった。日本は1984年対がん10ヵ年総合戦略、1994年にがん克服新10か年戦略を策定し、多額の研究資金を投入してきた。また、日本だけでなく欧米諸国でも死因の上位であるがんの研究には多額の人材及び資金を投じてきた。2010年代までに、がんの治療成績は急激に上がった。実際、多くのがんでは初期(1期)であれば9割以上の5年生存率(事実上の完治)となっている。ただし、基本的に治りにくい病気であることは変わらないほか、膵癌や末期(4期)がんのように今でも治療が困難ながんも存在する。また、医学の世界では、がんの治癒を完治とは呼ばず、とりあえず病変が見えなくなった状態として「寛解(かんかい)」と呼ぶ。

  治療の代表的なものを次に挙げる
   ・外科手術化学療法放射線療法血管内治療光免疫療法 - 2011年に米国国立がん研究所(NCI)と米国国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である小林久隆らの研究グループが開発した手法で、特殊な薬剤との併用で近赤外線を照射することでがん細胞を破壊する治験に成功している。現在は臨床試験段階だが小林らはNIR-PIT が、臨床的にがん治療のアプローチを根本的に変える可能性があると考えている。・免疫治療免疫療法臍帯血骨髄移植緩和ケアカンナビノイド療法・温熱療法(ハイパーサーミア)・痛みのコントロール・がんの心理療法(精神面・心理面のサポート)・代替薬・ウイルス療法・補完代替医療  ガン細胞は血管新生を誘引して大量の血管を生成するが、この結果できた血管は細い上に層構造の表皮部分が完全には形成されない脆い血管である。そのため、この血管新生を阻害する治療法や、逆にガンに伸びた血管の表皮を正常な状態にして抗がん剤をガン細胞に届きやすくする治療が研究されている。

  2014年1月、鳥取大学医学部は、「自身がクローニングしたRNA遺伝子の機能解析に従事している際、この遺伝子に関連して発現変動する単一のマイクロRNAを悪性度の高い未分化癌に導入すると、容易に悪性度を喪失させることができ、正常幹細胞へ形質転換できるという画期的な治療法を発見した」と発表した。大学では「動物実験段階までである」としているが、「研究グループ代表によると、あらゆる癌に対応が可能で、現在実用化に向けて研究中であるという。
精密医療
  「精密医療」という用語があり、これは「Precision Medicine」の訳語である。患者の個人レベルで最適な治療方法を分析・選択し、それを施す。最先端の技術を用い、細胞を遺伝子レベルで分析し、適切な薬のみを投与する。アメリカ合衆国では既に一般的な方法として選択されている。
がん闘病中・治療後の生活の質の向上
  がんは発見から闘病中において、病気や死への不安感、癌性疼痛による苦痛、生活や経済状態への打撃により、患者本人や家族らの「生活の質」(QOL, Quality Of Life)に大きな影響を与える。
  がん治療後の最大の関心事は再発・転移の有無であり、がんが残っている場合にはその推移にある。このため、治療後も主治医による定期的な検診を受けて状況を正しく把握しつつ生活を再建していくことが肝要である。(詳細は「転移」を参照)
  がん治療は手術による切除を伴うことが多く、治療後の生活は、例えば治療によってがんそのものは完治した場合であっても、大きく影響を受けることが多い。がんができた場所によって治療により影響を受ける機能は千差万別であり、対処法もそれぞれに異なる。一般に、切除によって失われる体の機能をできる限り小さくし、失われた機能を補う手段を用いて、治療後のQOLを従来よりも向上させる努力が進められている。
  患者の心のケアも重視されるようになってきており、精神腫瘍学という分野が開拓されている。日本では、がん患者のうつ病治療に加えて、前向きな気持ちを取り戻すよう支援するレジリエンス外来、死亡したがん患者の家族へ精神的に寄り添う遺族外来も開設されている。
  肉体面では、失われた機能を補う手段として以下のものがある。術後は局所的な失われた機能そのものだけでなく、関連して周囲の障害や不自由さが生じることも多いので、それぞれにおいて必要なリハビリテーションを行うことも重要である。
ストーマ
  直腸がんで肛門に近いところにがんができた場合や肛門にがんができた場合、人工肛門(消化器ストーマ)が作られる。また、膀胱がんで膀胱と尿道をとる必要がある場合、人工膀胱を用い、尿の排泄口である尿路出口(尿路ストーマ)が作られる。手術後、ストーマによる排泄をスムーズに行えるようにするケア(ストーマケア)の方法が十分に習得できてから退院する。ストーマがあっても入浴はでき、体力が回復すれば仕事や学業に復帰することも可能である。
気管孔
  気管孔は鼻または口から肺へ空気を導入して呼吸困難になる場合、気管を外部へつなげる穴を開けて(気道切開)呼吸を確保する。の付け根の前の位置に丸い穴をあける。気管孔は治療の過程で呼吸を確保するために一時的に設ける場合もあり、この場合は通常の呼吸が可能になると共に閉じられる。他方、咽頭、喉頭、またはその近くにがんがあり、治療により咽頭を全部切除しなければならない場合、そのままでは食事も呼吸もできなくなるので、口に通じる食道を気管と完全に分けて形成し、気管の出口を気管孔につなげる。この場合を永久気管孔という。
  永久気管孔を設けた場合、首に穴があいたままになる。術後の日常生活が受ける主な影響を以下に挙げる。
   ・入浴時に気管孔に水が入らないように注意する。水泳および潜水はできない
   ・声帯を切除することで声が出なくなる。筆談ジェスチャーでの会話、電気発声法(人工喉頭)、食道発声法を習得する
   ・食事においてはにおいを嗅ぐ能力が失われる
再建術
エピテーゼ
  体の表面につける人工物をエピテーゼという。手術によって体の外見に関わる変化を生じてしまった場合、機能的な不自由さのみならず、精神的なダメージを被ってしまう場合もあるが、エピテーゼを用いることで改善を図れる場合がある。日本では2006年9月時点でエピテーゼは医療行為として認められておらず、保険適用外となる。
人工乳房
  乳がんの治療では、抗癌剤、放射線治療の併用により乳房を温存できる場合が増えている。治療法とそれによる様々な影響、治療後のリスクについて、十分に医師と患者の双方が納得して治療を行うことが重要である。切除手術を行った場合、人工乳房が各種開発されているので用いることができる。「乳房再建」も参照。
 顔面エピテーゼ
  頭頸部がんでは治療によって、顔面の一部の機能が損なわれたり一部が失われたりする場合がある。手術に放射線治療、化学療法を併用することにより、失われる機能を最小限にする努力が進められており、切除範囲は縮小する傾向である。また、再建術も多く行われている。術後に予想される変化とリスクを医師と患者が話し合い、双方が納得して治療を進めることが重要である。喪失した顔面の各部に応じてエピテーゼを制作できる。医療用の接着剤またはインプラントにより装着する。近年は極めて自然な仕上がりのエピテーゼを用いることが可能になってきている。詳細は「顔面エピテーゼ」の項目参照。
 耳のエピテーゼ
  耳下腺がんの治療では、がんの進行の度合いによって治療により聴力をはじめどの機能までを残せるか、十分な検討が必用である。耳の切除が必要となった場合、外耳の一部が残せれば耳エピテーゼを用いても強度を保て、眼鏡の使用にも耐える。
 鼻のエピテーゼ
  呼吸によって湿気にさらされる部分であり、外見のみでなく機能的部分も要求され、開発が進められている。
 目およびその周囲のエピテーゼ
  上顎がんが深く進行して目を含めて切除する必要がある時、残った眼窩の上に用いるエピテーゼを制作して装着できる。
 義歯
 義肢(義手・義足)
  骨肉腫が四肢に発生した場合、かつては切断することが必須とされたが、最近では切断せずに腫瘍を切除することも可能になった。切断した場合に用いる義肢の機能も大幅に改善されている。
補遺
  がんの治療によって失われた臓器の機能を補う手段が得られない場合もある。このような場合には、生活の仕方で対応するか、医療的に補充する。
  胃がんによって胃を全摘出した場合、胃に代わるものは用意できないため、食道から直接小腸へと食べ物が入るようになる。少しずつ時間をかけ、何回にも分けて食べることにより、対応できる。
  甲状腺がんの場合、少しでも甲状腺が残せた場合甲状腺ホルモンは分泌されるが、甲状腺を全摘出した場合には分泌されなくなる。この場合、術後は甲状腺ホルモンを生涯にわたって処方してもらう。
がんと統合失調症
  統合失調症の患者はがんによる死亡率が低いと言われている。統合失調症治療に使われる向精神薬が抗腫瘍効果を持つためであるとされている。
がんの原因の理解史
  がんを理解しようとする人たちは古代からおり、悪戦苦闘が繰り広げられてきた。
  「Cancer」は古代ギリシア語(「カルキノス」, 「カニ」の意味)に由来する。あちこちに爪を伸ばし食い込んでゆく様子をこの言葉で表現した。「がんについての研究である腫瘍学を意味する.「塊」の意味)である。 紀元前1500年頃に書かれたエーベルス・パピルスにも癌に関する記述がある。
  古代ローマガレノス(2〜3世紀頃)は、がんは四体液の一つの黒胆汁が過剰になると生じる、と考えた(1500年頃までは医学の領域で「権威」とされていた。ガレノスの後継者のなかには、情欲にふけることや、禁欲や、憂鬱が原因だとする者もいた。また同後継者には、ある種のがんが特定の家系に集中することに着目して、がんというのは遺伝的な病苦だ、と説明する者もいた。
  18世紀後半を過ぎる頃になると、がんの一因として環境中の(タバコ、煙突掃除夫の皮膚につく煙突の鉱坑粉じんアニリン染料が含有する化学物質 等)もあるのでは、とする説が、多くの人によって提唱された。 19世紀の中頃に、フィラデルフィアの外科医サミュエル・グロスは「(がんについて)確実にわかっていることは、我々はがんについて何も知らない、ということだけである」と書いた。そして、そのような「何も知らない」という状況は、19世紀末の時点でも、ほとんど変わっていなかった。
  それから1世紀が経過し、理解が進む度に研究者の間で新たな疑問が登場し、科学的な知識が徐々に増えてきた。がんの研究は研究者たちにとって多くの困難と挫折に満ちたものであった。 20世紀初頭には、「感染症は特定の微生物によって引き起こされる」という説を支持する例が実験によって多数確認されたため、他の病気も容易に解明されるだろうと考えたり、がんも解明されるだろうと予想する人は多かった。
  1955年、オットー・ワールブルクは、体細胞が低酸素状態に長時間晒されると呼吸障害を引き起こし、通常酸素濃度環境下に戻しても大半の細胞が変性や壊死を起こし、ごく一部の細胞が酸素呼吸に代わるエネルギー生成経路を昂進させて生存する細胞が癌細胞となる説を発表した。酸素呼吸よりも発酵によるエネルギー産生に依存するものは下等動物や胎生期の未熟な細胞が一般的であり、体細胞が酸素呼吸によらず発酵に依存することで細胞が退化し癌細胞が発生するとしている。
ウイルス説
  「がんは感染症ではない」とも考えられていた[78]。白血病のように、患者から家族や医療関係者に伝染することがないためである[78]。だが、動物(の個体)からとった腫瘍を他の動物(の個体)に移植すると癌が誘発されることがわかった19世紀末以降は、がんにも感染性の病原体があるのかも知れないと考える人も出てきて、彼らは20世紀初頭までに、原生動物バクテリアスピロヘータかびを調べた。それらの研究はうまくゆかず、がんの原因に感染症があると考える諸説は信用を失いそうになった。だが、ペイトン・ラウスが腫瘍から細胞とバクテリアを取り除いた抽出液をつくることを思いつき、それを調べれば細胞の他に作用している因子が見つかるかも知れないと考え、ニワトリの肉腫をろ過した抽出液を健康なニワトリに注射し、その鶏にも肉腫が発生するのを実験によって確認。その腫瘍は、微小な寄生生物、おそらくウイルスに刺激されて生じたものかも知れない、とした[78]。当時はウイルスの正体は分かっておらず、「…でないもの」という否定表現でしか記述できなかった[78]。科学者はがんが感染するという実験的事実から、未知の病原体が存在するであろうことにも気付いた[78]。その後、ウサギでも同様の実験結果が得られたが、腫瘍を伝染させることに成功したのは主にニワトリ(やウサギ)の場合に限られていたので、やがて、がんの一因にウイルスがあるとする説は評判が悪くなってしまい、これを支持する科学者は評判を落としてしまいかねないような状況になった[78]異端の説だと見なされ、疑似科学者扱いされかねない空気が科学界に蔓延した。

  ジャクソン研究所は、1929年に設立された組織で、今日では基礎医学研究用の規格化マウスを供給する組織として米国最大のものであり、その研究所でのがん発生研究のプログラムというのは「問題は遺伝子であって、ウイルスではない」という前提の下に行われていた。だが、同研究所のジョン・ビットナーが、マウスのある種のがんは、母乳中の発がん因子が授乳を通じて子に移される仕組みであるという、ウイルスが関与しているという証拠を偶然に発見した。だが、当時の科学界は上述のようにウイルス説を異端視していたのでビットナーは躊躇して、それを「ウイルス」とは呼ばず、あえて「ミルク因子」と呼んだ。
  ルドウィク・グロスも、ウイルスが癌の原因になることがあることを、マウスの白血病がウイルスによってうつることを示す実験を行うことで確かめ、それを発表・報告したのだが、がん研究者の大半はその報告をまともに受け取らず、データ捏造をしているのでは、と考える者すらいた(ワシントンにある研究公正局に出頭を求められかねないような扱いを受けた。
  アメリカ国立癌研究所が設立された時期、公衆衛生局局長の諮問委員会は「がんの原因としてウイルスは無視できる」と結論づけた。
  「《ミルク因子》というのは、ウイルスだ」と解釈することを科学的なこととして認め、ウイルス説を科学的に真面目に検討すべきだ、という認識ができてきたのはようやく1940年代末のことだった。状況を変えた人物はジェイコブ・ファースJacob Furth、1896-1979)であった。ファースは既に高名な科学者であったが、その彼がグロスの実験を、それに用いるマウスの種類まで正確になぞることで、実験に再現性があること、そして事実であることを証明した。それによって基礎医学者たちがようやく、悪性腫瘍にウイルスが関与することがあるということを理解するようになった。かくして、長らく異端者のように扱われてきたペイトン・ラウスは、1966年に85歳でノーベル生理学・医学賞を受賞した。
減量食・低脂肪食・運動は無意味
  1990年代初期、アメリカ国立衛生研究所(The National Institutes of Health)は、『The Women's Health Initiative』(『女性の健康構想』)と題した、約10億ドルに及ぶ研究を行った。このとき、「低脂肪の食事で心臓病や癌を本当に予防できるか」という研究も同時に行われた。5万人近くの女性を登録し、そのうち19,541人を無作為に選んだ。研究は1993年に開始し、8年間続けられた。研究者たちは、参加した女性たちに対し、果物・野菜・全粒穀物・食物繊維が豊富なもの・脂肪が少ないもの・・・これらを優先的に食べるよう指示した。この食事を続けるにあたり、女性たちは定期的にカウンセリングを受けた。
  脂肪の摂取量については、摂取カロリーのうちの38%から20%に減らすことを目標とし、参加した女性たちについて、体重の増減、コレステロールの数値、脳卒中、心臓発作、乳癌、直腸癌、その他の心血管疾患を発症するかどうかについても調べた。毎日の食事の摂取カロリーは360kcal分減らし、少ない量を食べ続けた。参加した女性たちは「少なく食べるように」「脂肪が少ないものを食べるように」「運動するように」という指示も与えられ、「食べる量を減らして運動量を増やす」を忠実にこなし続けた。
  この生活を8年間続けた結果、女性たちは(実験開始前と比べて)1人あたり平均で約1kg体重が減ったが、その腰回りは膨らんだ。この事実が意味するところは、「彼女らの身体から減ったのは脂肪ではなく、筋肉である」ということである。また、研究者たちは「脂肪分の少ない食事は、心疾患、癌、その他の病気を予防できなかった」とも報告している。
  脂肪の摂取量が少ない食事には、乳癌、心臓病、脳卒中の発症リスクを下げる効果も、閉経後の女性の結腸直腸癌のリスクを下げる効果も一切無かった。彼女らが受けたカウンセリングおよび食事の意味として、意識的か無意識的かを問わず、「少なく食べるよう心掛けた」ことである。「消費カロリーが摂取カロリーを上回れば体重は減る」のが本当であるのなら、この試験に参加した女性たちが太った理由が説明できなくなる。脂肪は1kgにつき、約7,000kcalのエネルギーに相当する。
  彼女らが、毎日の食事の摂取カロリーを360kcal減らしていたのなら、実験を開始して3週間で約1kgの脂肪が減っていたはずであり、1年続ければ約16㎏の脂肪が減る計算になる。試験開始の時点で、参加した女性たちの半数は肥満体であり、大多数は少なくとも過体重であった。研究者たちは、「低脂肪食は乳癌を患うリスクを下げるだろう」と考え、栄養士たちは「脂肪の摂取量について、目標の数値である20%まで下げれば、低脂肪食の効果が明白になった可能性がある」と述べた。
  8年間かけて行われたこの研究結果はアメリカ医師会雑誌(『Journal of the American Medical Association』)に掲載された。『女性の健康構想』の研究結果が示しているのは、「癌や心血管疾患を防ぐという目的において、低脂肪食には何の効果も無い」ということである。
炭水化物、インスリン抵抗性、メタボリック症候群
  1980年代、スタンフォード大学の名誉教授で内分泌学者、ジェラルド・リーヴン(Gerald Reaven)は、「高血糖インスリン(Insulin)の過剰分泌、ならびにインスリン抵抗性(Insulin Resistance)と高インスリン血症(Hyperinsulinemia)こそがメタボリック症候群(Metabolic Syndrome)の根本的な原因である」と考え、「高血糖とインスリンの過剰分泌をもたらすのは炭水化物および砂糖果糖である」とした。
  1988年アメリカ糖尿病協会(The American Diabetes Association)が主催した「バンティング・レクチャー」( Banting Lecture, インスリンの共同発見者の1人、フレデリック・バンティング(〈Frederick Banting, 1891~1941〉に敬意を払っている)に出席したリーヴンは、メタボリック症候群は肥満糖尿病・高血圧とも密接に関係している趣旨を述べた。

  炭水化物を食べて高血糖になり、そのたびにインスリンを注射する、というのを繰り返していると、さまざまな合併症や癌を患う危険性が上昇し、インスリンの強制的な注射やインスリンの強制分泌を促進する薬物の服用は、身体に深刻な不利益をもたらす。インスリン療法を受けている患者は、インスリン療法を受けていない患者に比べて、心血管疾患(Cardiovascular disease)で死亡する危険性が上昇する。さらに、インスリンで高血糖を抑え込もうとすると、心血管疾患の発症率は低下せず、死亡率は上昇する。体重については、インスリンを注射していただけで10㎏以上も増加した。
  血糖値が正常範囲内(90~99)であっても、血糖値が90未満の人間と比較すると、膵臓癌の累積発生率は有意に増加し、空腹時の血糖値が110を超えると、あらゆる癌で死亡する確率が有意に上昇する。「GLUT5」と呼ばれる果糖輸送体は乳癌の発生に関わっている。

  たとえ運動していても、炭水化物を食べている限り高血糖は防げず、インスリン感受性は運動を終えた途端に低下する(インスリン抵抗性が高くなる)。インスリン抵抗性は運動では防げない。 「インスリン感受性が低い」ということは、「インスリン抵抗性が高い」(インスリンの効き目が悪い)状態を意味する。
  炭水化物が多い食事は高血糖を有意に惹き起こす。砂糖を含む飲み物も高血糖の明確な原因となる。
  インスリン抵抗性に伴い、血糖値が慢性的に高い状態が続くと、高血糖は全身に酸化ストレス(Oxidative Stress)を与え、体内でAGEsAdvanced Glycation End Products, 「最終糖化産物」と呼ばれる)が作られやすくなる。これは身体の老化を強力に促進する物体で、タンパク質に糖が結合することでタンパク質が変性する。果糖はAGEsをブドウ糖以上に強力に生成し、ブドウ糖を摂取したときの10倍もできやすくなる。インスリンは全身の脂肪細胞に強く作用し、摂取した炭水化物を中性脂肪に合成して脂肪細胞内に閉じ込め、脂肪細胞は肥大していく。
  肪細胞は、肥大するにつれて「サイトカイン」(Cytokine, 「炎症性分子」)を放出するようになり、これは全身に有害な影響をもたらす。そして、メタボリック症候群を患っているということは、身体がインスリン抵抗性を惹き起こしていることと同義である。さらにメタボリック症候群、肥満、糖尿病、アルツハイマー病、さらには各種の癌とも密接に関わっている。また、砂糖および果糖は脳においてもインスリン抵抗性を惹き起こし、脳の神経組織を破壊し、アルツハイマー病を惹き起こす直接の原因となる。

  砂糖および果糖はインスリン感受性を低下させ、内臓脂肪の蓄積を促進し、空腹時の血糖値とインスリンの濃度を上昇させ、肝臓に脂肪を蓄積させ、ミトコンドリアの機能を妨害し、炎症の誘発を刺激し、脂質異常症インスリン抵抗性を惹き起こし、糖尿病発症を促進する。砂糖は膵臓癌を初めとする各種の癌を患う可能性を高める。

  これの摂取を断つことが、癌の予防や治療への取り組みとなりうることを示唆している。砂糖の摂取を減らすことにより、脂肪肝、肥満、各種疾患を防げる可能性が出てくる。 5大陸、18か国に住む135,335人を対象に行われた大規模な疫学コホート研究の結果が『The Lancet』にて発表された(2017年)。これは炭水化物の摂取量および脂肪の摂取量と、心血管疾患に罹るリスクおよびその死亡率との関係についての調査であった。
  これによると、炭水化物の摂取を増やせば増やすほど死亡率は上昇し、脂肪の摂取を増やせば増やすほど死亡率は低下するという結果が示された。とくに、飽和脂肪酸の摂取量が多ければ多いほど、脳卒中に罹るリスクは低下した
。また、飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸を問わず、脂肪の摂取は死亡率を低下させ、心筋梗塞および心血管疾患の発症とは何の関係も無かった。

  飽和脂肪酸の摂取は、冠状動脈性心臓病、脳卒中、心血管疾患の発症とは何の関係も無く、飽和脂肪酸がこれらの病気と明確に関係していることを示す証拠は無い。 また、多価不飽和脂肪酸の摂取量を増やし、飽和脂肪酸の摂取量を減らしても、心血管疾患の発症リスクは減らせない。
  肥満、インスリン抵抗性、メタボリック症候群、2型糖尿病を患っている患者が、炭水化物の摂取を制限し、脂肪に置き換えて食べると、最大限の効果が得られる可能性がある。さらに、84時間に亘って絶食状態にあった被験者と、84時間に亘って脂肪「だけ」を摂取し続けた被験者の血中の状態は「全く同じ」であった。双方とも、血糖値とインスリンの濃度は低下し、遊離脂肪酸ケトン体の濃度、脂肪分解の速度がいずれも上昇した。
  体重を減らしたい人、心血管疾患の危険因子を減らしたい人にとって、炭水化物が少なく、脂肪(トランス脂肪酸を除く全ての脂肪。飽和脂肪酸一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸)が多い食事はその選択肢となりうる。

  炭水化物は、脂肪やタンパク質に比べてインスリンの分泌にはるかに大きな影響を及ぼすインスリンは食事における満腹感を減少させ、摂食行動にも影響を及ぼす。炭水化物の摂取を減らすと、インスリン抵抗性は緩和される。炭水化物を制限する食事は、インスリンの濃度が高い患者に有益である証拠が示された食後の血糖値の上昇とインスリンの分泌を最も強力に促進するのは炭水化物である。タンパク質もインスリンの分泌を刺激するが、インスリンと拮抗する異化ホルモン、グルカゴン(Glucagon)の分泌も誘発する。一方、食べ物に含まれる脂肪分は、インスリンの分泌にほとんど影響を与えない。この生理学的な事実は、低糖質・高脂肪食が人体に有益であることを示す理論的根拠となる。

  炭水化物が少なく、脂肪が多い食事は、空腹感と満腹感に大いに影響を与える。炭水化物が多く、脂肪が少ない食事(カロリー制限食)と比較すると、高脂肪食は体脂肪を減少させ、身体のエネルギー消費量の増加を促進する。 また、炭水化物を制限する食事は、低脂肪食よりも大幅に体重を減らし、心血管疾患の危険因子も減少させる。
  炭水化物の少ない食事は、血糖値とその制御の大幅な改善につながり、薬物の服用回数を減らせるだけでなく、服用の必要も無くなる可能性があり、この食事法は2型糖尿病の改善と回復にも効果的である証拠が示された。
  ケトン食はミトコンドリアの機能と血糖値を改善し、酸化ストレスを減少させ、糖尿病性心筋症(Diabetic Cardiomyopathy)から身体を保護する作用がある。また、ケトン食は記憶力の改善と死亡率の低下をもたらし、末梢軸索(Peripheral Axons)と感覚機能障害(Sensory Dysfunction)を回復させ、糖尿病の合併症も防げる可能性が出てくる。
  ケトン食療法(炭水化物を徹底的に避け、脂肪を大量に摂取する)は癌の治療や予防に有効である可能性を示している癌細胞はケトン体をエネルギー源にはできないため、ケトン食療法を「癌の治療手段として採用すべきだ」と考える研究者もいる。
  ケトン食を含めて、炭水化物を制限する食事法は安全であり、長期に亘って健康を維持し、さまざまな病理学的状態を防止または逆転させる力がある。ケトン食を止めると(炭水化物の摂取を増やし、脂肪の摂取を減らすと)、片頭痛や癲癇発作が再発する。
  「炭水化物は肥満およびそれに伴う疾患の主要な推進力であり、精製された炭水化物や糖分の過剰摂取を減らすべきである」と結論付け、炭水化物を「Carbotoxicity」(「炭水化物には毒性がある」)という造語で表現する研究者もいる。

  砂糖および果糖の摂取は肝臓への脂肪の蓄積を促すが、炭水化物および砂糖が少ない食事を摂ると、蓄積した脂肪が急速に減少することが確認された。外部からの資金提供を受けることなく書かれた研究論文の著者は、「身体の健康を守るために砂糖の摂取を制限すべきである」と結論付けている。
  オーストリアの医師、ヴォルフガング・ルッツ(Wolfgang Lutz, 1913-2010)は、1967年に『Leben ohne Brot』(『パンの無い暮らし』)を出版し、「炭水化物の摂取を減らすことこそが、脂肪を燃焼させる唯一の方法である」「この食事法により、肥満、糖尿病、心臓病、癌を予防できる」「狩猟採集生活者として暮らしてきた人類は動物の肉を長きに亘って食べてきた」「食べ物に含まれる脂肪は、ほとんどの慢性疾患とは何の関係も無い」と断言している(ルッツは炭水化物の1日の摂取上限を「72gまで」と定めた)。ルッツによれば、40年間で10000人を超える患者を診察し、クローン病、潰瘍性大腸炎、胃疾患、痛風、メタボリック症候群、癲癇、多発性硬化症・・・この食事法を処方することでこれらの慢性疾患を治療したという。
  クイーン・エリザベス大学の栄養学教授、ジョン・ユドキンJohn Yudkin)は、著書『Pure, White and Deadly』(1972)の中で、「肥満や心臓病を惹き起こす犯人は砂糖であり、食べ物に含まれる脂肪分は、これらの病気とは何の関係も無い」と断じている。1960年代、ユドキンはミネソタ大学の生理学者アンセル・キース(Ancel Keys)と、「砂糖・脂肪論争」を繰り広げた。この論争では、「心臓病を惹き起こす原因は(食べ物に含まれる)脂肪分にある」というキースの主張が通り、ユドキンの「砂糖が原因である」との主張は通らなかった。1970年代後半、アメリカ合衆国政府は「脂肪の摂取を減らし、炭水化物の摂取を増やせ」と国民に呼びかけたが、肥満・糖尿病・心臓病を患う国民の数は増加の一途を辿るようになった。
  サイエンス・ジャーナリストゲアリー・タウブス(Gary Taubes)は、炭水化物は身体を太らせるだけでなく、肥満、心臓病、糖尿病、高血糖、インスリン抵抗性、メタボリック症候群の原因であり、最終的には癌をも惹き起こす根本的な原因でもある趣旨を明言しており、「砂糖は肥満、糖尿病、心臓病、メタボリック症候群を引き起こす原因であり、これにはインスリン抵抗性が関わっている」「砂糖はインスリン抵抗性の直接の原因となる」「インスリン抵抗性は癌の原因となる」と断じている。
ヒト以外の動物
  ヒト以外の動物にもが癌は発生し、ヒトによる治療の対象にもなることもある。動物の悪性腫瘍を研究してヒトと比べる学問を比較腫瘍学と呼ぶ。英国リバプール大学教授ペドロ・マガリャエスらが4000種以上の生物を調べた2018年の報告では、生殖適齢期を過ぎると癌になる動物が多かった。
  動物の癌になりやすさ(なりにくさ)はにより異なり、細胞数が多く寿命が長くても癌になる確率が低い種もいる(ゾウクジラ)。これを「ピートのパラドックス(逆説)」と呼ぶ。アフリカゾウでは、癌化を抑制するp53遺伝子が20組と多い(ヒトは1組)ことが判明している。
  小型でも癌になりにくい動物もいる。ハダカデバネズミでは細胞老化や、細胞外マトリックスによる発癌性物質の細胞内への侵入防止が、イモリでは高い再生能力と関連するという仮説がある


B型肝炎
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


  B型肝炎: Hepatitis B)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ
  血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。
  主な治療法は、インターフェロンや核酸アナログ製剤を用いた抗ウイルス療法がある。日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれている。その内の約95%は自然治癒するが、約5%は肝炎発症となり、慢性肝炎肝硬変肝臓ガンへと進行することがある。

疫学
  近年、日本ではあまり見られなかったジェノタイプA(北米、欧州、アフリカ中部に多く分布する)のB型肝炎ウイルス感染が広がりつつある。ジェノタイプAのB型肝炎ウイルスに感染した場合、その10%前後が持続感染状態(キャリア化)に陥る。本来、日本に多いジェノタイプCのB型肝炎ウイルスは、成人してからの感染では、キャリア化することはまれであったことから、ジェノタイプAのB型肝炎ウイルス感染の拡大には、警戒が必要である。
感染
  B型肝炎ウイルスは、血液や体液の飛沫を介して感染する。感染経路は主に以下がある。成人以降での水平感染の多くは、一過性であることが多い。
   垂直感染:母子感染
   水平感染:性行為性感染症輸血臓器移植刺青・針刺し事故・注射器の使い回し・コンタクトスポーツ等

  2002年4月、佐賀中部保健所に急性B型肝炎の届出があり、保育所で25名の集団感染が疑われた。感染源は、HBVキャリアである元職員が疑われたが全例で特定することはできなかった。日常生活の中でも感染が起こりうることを確認し、その感染様式には出血及び滲出液を伴う皮膚疾患が関与している可能性と、感染防御策にワクチン接種を加えることが有効であることが示唆された。
  かつては幼児期(7歳まで)の輸血による感染が多かったが、現在では先進国では検査体制が確立したため、ほとんど見られない。針刺し事故や注射針の回し打ち・刺青での針の再使用などもある。
  日本では、戦後から1988年頃まで行われた、幼児期の集団予防接種における注射針や注射筒の使い回しにより、B型肝炎ウイルスが蔓延した。日本国政府は1948年には注射針・注射筒の連続使用の危険性を認識していたが、40年にわたり使い回しの現状を放任していた。
  2011年現在、推定150万人の持続感染者(キャリア)の内、集団予防接種による感染者は30%前後と言われており、この集団感染訴訟は、2011年6月28日に国と原告との間で基本合意が締結し、2012年(平成24年)1月13日に特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法が施行され、裁判上の和解が成立した者に対し、日本国政府は法に基づく給付金を支給することになった。
臨床像
初期感染
  B型肝炎ウイルスに感染した場合、多くは無症状で経過するが、20~30%が急性肝炎を発症し、1~2%が劇症肝炎化する。D型肝炎の混合感染が生じる場合もある。成人の初感染の多くは、免疫応答でウイルスを排除しての一過性感染であるが、近年成人感染のキャリア化が報告されている。
持続感染
  母子感染の90%以上は、C型肝炎と同様、B型肝炎ウイルスに持続的感染を呈する場合が多い。1986年から母子間ブロックが行われるようになってからは感染はほとんど防げている。
HBe抗原陽性無症候性キャリア
  血液検査にて、HBe抗原陽性を示し、ALT高値を示さない状態。B型肝炎ウイルスが増殖しているが、肝障害は呈していない状態のこと。多くの場合、自然経過でHBe抗原陰性・HBe抗体陽性を生じ、HBe抗体陽性無症候性キャリアへ移行する(HBeセロコンバージョン:HBe seroconversionという)が、一部は慢性肝炎へと移行する。
HBe抗体陽性無症候性キャリア
  血液検査にて、HBe抗体陽性を示し、ALT高値を示さない状態。B型肝炎ウイルスが完全には排除しきれていないが、ウイルスの増殖は抑えられ、肝障害を呈さなくなった状態のこと。多くの場合は自然経過を経る。ほとんどは、再活性化や肝硬変へは移行しない。一部のみがウイルスの再増殖による再活性化する。また肝逸脱酵素の上昇を伴わずとも肝硬変に進展していることもまれにある。
慢性B型肝炎
  B型肝炎ウイルスが増殖し、血液検査においてALT高値持続認め、肝障害を呈している状態。肝硬変への移行・肝細胞癌の発症を生じてくる。
  稀に、HBs抗原陰性・HBs抗体陽性となる場合もあり(HBsセロコンバージョン:HBs seroconversionという)、予後良好である。
de novo 急性B型肝炎
  近年、さまざまな免疫抑制剤抗がん剤分子標的治療薬が開発され、それらの使用により沈静化していたB型肝炎か再燃するもの。劇症肝炎への移行率が高く、注意を要する。2001年リツキシマブステロイドの併用により加療していた悪性リンパ腫患者が、B型肝炎を発症したことが報告されてからクローズアップされている。
肝硬変(「肝硬変」を参照)
肝細胞癌-C型肝炎と異なり、B型肝炎では肝硬変を経ずに肝細胞癌の発症が見られる。無症候性キャリアであっても発症することもある。(詳細は「肝細胞癌」を参照)
検査-問診
  B型肝炎の感染経路は、主にB型肝炎に感染している母親から出産時の子への感染(母子感染。垂直感染)、出産後の集団予防接種、それ以外による医療者の針刺し事故・集団予防接種での注射器の使いまわし・性交渉・入れ墨で器具を消毒せず繰り返し使用した場合・覚醒剤使用時に注射器を共用した場合がある(ただし、成人してからの感染は慢性化することが少なく、一過性の急性肝炎が主な症状になるので、慢性B型肝炎患者の場合は予防接種・母子感染が主な感染経路になる事も考えられる)。
  したがって、出生時の母親の感染有無、集団予防接種時の時期(昭和23年7月~昭和63年)、輸血暦、手術暦、針刺し事故、覚醒剤注射・恋愛関係で感染の原因となりうることがあったかどうかを確認が大切である。
血液検査-・ウイルス検査・HBs抗原:陽性であれば現在HBV感染を示す。・HBs抗体:中和抗体であり、陽性であれば既往感染・ワクチン接種後を示す。・HBc抗体:陽性であれば現在・過去のHBV感染を示す。現在ないし過去も含めて一度でもHBV感染すれば生涯に渡りHBc抗体陽性である。これはHBs抗体(中和抗体)取得されていてウイルスの抑制排除が行われていて、他人への感染力も低く、体内でのウイルス活動は十分に抑えられていても、生体内の肝細胞においてウイルス自体の潜伏は続いているからと言える。ワクチン接種後のみの場合はHBc抗体陰性である。・HBc-IgM抗体:初期感染急性期または慢性肝炎急性増悪期に上昇傾向を示す。・HBe抗原:HBV量が多いことを示す。・HBe抗体:HBV量が少ないことを示す。・HBcr抗原:(HBV core related antigen)HBc抗原・HBe抗原・p22cr抗原の総値。治療効果判定として保険適応あり。・HBV-DNA:HBVのDNA量を直接測定したもの。現在はリアルタイムPCRが用いられる。
  従前はbranched DNA probe, TMA, PCR が用いられていたが、感度の優れたリアルタイムPCRが現在は主である。臨床的には大まかに以下のように状態評価していく。
・肝障害-ALTAST・肝線維化-・IV型コラーゲンヒアルロン酸など・肝機能-血小板(Plt)、プロトロンビン時間(PT)、アルブミン (Alb)、コリンエステラーゼ (ChE) など・肝細胞癌の腫瘍マーカー-AFP、AFP-L3、PIVKA-II
画像検査
  以下の画像検査によって、慢性肝炎~肝硬変肝細胞癌の発生を評価していく。
   ・腹部超音波検査CT、特に造影CT・MRI、特にEOB・MRIなど
病理組織検査
   ・肝生検により肝臓の傷害について、リンパ球浸潤や線維化などの組織学的評価ができる。HBs抗体陽性例やHBV-DNA量が測定感度以下であり、既感染と診断されていても肝臓の組織内にcccDNAという形態でHBVが残存していることがあり注意を要する。オカルトHBV (occult HBV) と呼ばれる。
検査機関
  病院のほか、無料にて日本の各自治体が検査を行っていることがある。
予防
  B型肝炎ワクチン予防接種が、感染防止に有効である。
母子感染予防・B型肝炎キャリアの多くは、母親からの垂直感染(母子感染)であり、外国では母子感染予防のためB型肝炎ワクチンを乳児期に定期接種している例が多い日本では母子感染防止対策事業として、妊婦に対するHBs抗原検査が実施され、健康保険によりHBs抗原陽性妊婦からの出生児へ、抗HBs人免疫グロプリン投与・B型肝炎ワクチン接種を施行している。
水平感染防止労働災害事故防止(対象者は、医療関係者・救急関係者等)の観点から、医療実習前の段階で、B型肝炎ワクチンの予防接種が望ましいが、日本では労働安全衛生法上の義務にも関わらず、一部の医療機関でB型肝炎ワクチン予防接種の未実施や、接種費用の一部の自己負担を請求している問題がある。
  海外旅行者も、B型肝炎ワクチンの接種対象となる。日本製、または日本で承認されているB型肝炎ワクチンのHBs抗原(B型肝炎ウイルス表面抗原)量は、10マイクログラム/0.5mLであり、日本以外の製品の20マイクログラムの半分量であること、また、いずれの場合も、"low responder"や"non-responder"という、抗体産生反応をしにくい被接種者がいることも熟知されたい。
  性感染症としては、コンドームの着用で、ある程度予防することができる。B型肝炎ウイルスに対しては、高HBIG(高力価HBs抗原ヒト免疫グロブリン)・HBワクチンにより感染の減少がみられる。
ワクチン接種(「B型肝炎ワクチン」を参照)
  B型肝炎と、将来の肝がんを予防するため、アジュバントが入っている不活化ワクチンを接種する。世界180か国以上で行われている、ワクチンの中でも最も安全な物のひとつである。
  水平感染予防の観点から、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会は、定期接種化が必要としていて、厚生労働省は2016年10月に予防接種法に基づく「定期接種」にする方針を決めた。
  ・母親がキャリアでない新生児は、「定期接種」で生後1ヶ月から接種可能(生後2か月からヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンなどとの同時接種を推奨)。初回、4週間後、さらに20~24週後の合計3回接種
  ・一般的には1回目と2回目が4週間間隔(アメリカ合衆国では30日)、2回目と3回目が半年間隔である。3回接種後の抗体維持期間は5年(輸入ワクチンは15~20年)。日本肝臓学会によると、獲得した免疫は、少なくとも15年間持続することが確認されている。
  ・緊急接種の場合(緊急でハイリスク暴露になる可能性がある場合)、アメリカ合衆国では下記のワクチン接種法が承認された。
  ・1回目と2回目が1週間間隔、2回目と3回目が2週間間隔、3回目と4回目が1年間隔。これで、10年間の抗体維持ができるとされる。
治療
  ・慢性B型肝炎は、下記の抗ウイルス治療によって、慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。
  ・急性B型肝炎は、初回感染として自己の免疫での鎮静化を期待して、基本的に保存的加療が行われるが、劇症肝炎への変化に留意し、抗ウイルス治療が適時行われる。急性B型肝炎の治療について「急性肝炎」を参照。
抗ウイルス療法
  B型肝炎における抗ウイルス治療は、B型肝炎ウイルスの活動を抑制する治療である。B型肝炎ウイルスは自然経過において、ウイルスに対する抗体(HBs抗体ないしHBe抗体)が取得されることで、ウイルスの活性化が沈静化していくが、これを「セロコンバージョン(seroconversion)」と呼ぶ。抗ウイルス治療はこの状態を促していくことと、この状態に近いウイルスの活動性の鎮静が目標である。よって、現在の医療では「B型肝炎ウイルスの完全排除」は困難である
  治療適応は「HBe抗原陽性無症候性キャリア」・「慢性B型肝炎」・「B型肝硬変」である。日本肝臓学会編「慢性肝炎・肝硬変診療ガイド2016」によると抗ウイルス療法の治療対象は慢性肝炎症例ではHBe抗原陽性、陰性に関わらずALTが31IU/l以上、HBV-DNA量が4 log copy/ml(2000IU/ml)以上である。肝硬変症例ではHBV-DNA量が陽性ならばHBe抗原やHBs抗原、ALT値、HBV-DNA量に関わらず治療対象である。
  抗ウイルス治療は、インターフェロン(IFN)と、核酸アナログ製剤で行われる。核酸アナログ製剤は一度開始すると多くの場合終生継続していく必要性がある。
インターフェロン(IFN)-・IFNα (スミフェロン、オーアイエフ) ・IFNα2b(イントロンA) ・IFNβ (IFN、フエロン) ・PEG-IFNα2a(ペガシス)
核酸アナログ製剤-・ラミブジン Lamivudine(ゼフィックス Zefix®):LAM ・元々HIV治療薬として開発された。耐性ウイルス出現が多く、近年は新規使用には用いられていない。 ・アデフォビル Adefovir(ヘプセラ Hepsera®):ADF ・ラミブジン耐性のウイルス治療薬として承認された。ラミブジン耐性ウイルス出現時にラミブジンと併用で用いられた。 ・エンテカビル Entecavir(バラクルード Bareclude®):ETV ・ラミブジンよりウイルス抑制作用が強力で、現在はほぼ核酸アナログ製剤として第一選択で用いられている。催奇形性があり、妊娠の可能性がある女性には投与できない。 ・テノホビル Tenofovir:TFV ・核酸アナログ製剤の最新薬剤。以下の2種類がある。:テノゼット(Tenozet® Tenofovir disproxil fumarate:TDF) :元々は抗HIV薬「ビリアード®(Viread®)」として開発販売されていて、日本・海外で広く認可されていたものを抗HBV薬として名称を変更して販売。催奇形性が低いとされている。 ・ベムリディ(Vemlidy® Tenofovir alafenamide:TAF) ・新規プロドラッグとして開発され、TDFより肝臓移行性が効率的とされている。:テルビブジン Telbivudine:LdT(Sebivo Tyzeka):クレブジン Clevudine(Revoivir) 
基本的に年齢によって治療選択される。・・・35歳未満:免疫応答によるセロコンバージョンが期待され、免疫賦活作用もあるIFN治療が選択される。ウイルス量が多い場合、核酸アナログ製剤との併用療法が行われる。 ・35歳以上:セロコンバージョンの可能性が低く、核酸アナログ療法によるウイルス抑制治療が選択される。ウイルス量が多い場合、IFNとの併用療法が行われる。また、挙児希望の場合はIFNまたはTDF投与が行われる。
肝庇護療法・・・抗ウイルス療法以外に、ALTの正常化を計る目的で、以下が用いられる。ただ、肝庇護療法はC型肝炎には比較的効果はあるが、B型肝炎にはあまり効果を示さない場合も多い。
グリチルリチン(SNMC:強力ネオミノファーゲンC)・ウルソデオキシコール酸(UDCA:ウルソ・ウルソサン)・肝臓加水水解物(プロヘパール)・小柴胡湯漢方):IFNとの併用は間質性肺炎のリスクが高まるとのことで併用禁忌薬


C型肝炎
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


C型肝炎: Hepatitis C)とは、C型肝炎ウイルス (HCV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。かつては非A非B型肝炎輸血後肝炎・血清肝炎と呼ばれていた。

疫学
  現在の日本のHCV感染者数は約200万人、世界では1億7千万人(世界人口の3パーセント近く)がキャリアであると見られている。
  日本ではインターフェロン治療が効きにくい1b型が70 - 85パーセントを占め、以降2a型が10 - 15パーセント、2b型が約5パーセントで、他はまれである。ただし、血友病患者では1a型が多い。これは、血友病患者がC型肝炎に罹患する原因となった、血液製剤の輸入元であるアメリカ合衆国では、1a型が最も多いことに由来する。
  U.S. Preventive Services Task Forceは、1945〜1965年生まれの全てのアメリカ人に対して、C型肝炎スクリーニングを推奨することとした。
感染経路
  HCVは血液が主な感染経路で、かつては輸血による感染が多かった。ディスポーザブル注射器の普及により現在においては先進国では検査体制が確立したためほとんど見られない。現在は針刺し事故や、ピアス入れ墨(刺青)、覚醒剤注射の回し打ちなどが主である。カミソリの共用、歯ブラシの取り違え、コンタクトスポーツでも感染者の血液や唾液の付着による感染リスクがある。B型肝炎と異なり、性行為ではほとんど感染せず[4]、また母子感染も少ない。
  性行為感染は、1回毎の性行為で感染が起こる頻度は低いとしても、感染者との接触を続ける限りは起こり得ると見るべきであり、感染頻度に性交回数が関与するという報告もある。
  日本では性行為感染の報告例は高齢者層が多いが、高齢者層では性活動が減退するため、感染者が多い世代の高齢化、他の原因による感染が考えにくいことにより、性行為感染と特定できるといった理由が考えられる。ただし老化による粘膜の脆弱化、免疫能の低下、閉経後にコンドームを使用しなくなるといった、高齢者層の感染を助長する要因もある。
  血液製剤(フィブリノゲン製剤、第IX因子製剤)の投与によるC型肝炎感染については、非血友病患者に対する投与に対して、日本国政府と製薬会社を相手とする訴訟(薬害肝炎訴訟)が起こされている。(「薬害肝炎#薬害肝炎訴訟」を参照)
病態(肝硬変については「肝硬変」を、肝細胞癌については「肝細胞癌」を参照)
初期感染
  一般に自覚症状が乏しい場合もあるが、発熱全身倦怠感、食欲不振、吐き気嘔吐、口腔扁平苔癬[6]が出現し、血液検査にて肝障害(ASTALT高値)、黄疸総ビリルビン(T-Bil)高値)を認めるといった急性肝炎症状を呈する場合が多い。なお、B型肝炎A型肝炎に比較して劇症肝炎を呈する例は稀である。
持続感染
  初期感染後に、血液検査にてALT値が正常化しHCV-RNAも陰性となってC型肝炎ウイルスが排除され治癒する場合もあるが、70パーセント程度はC型肝炎ウイルスが排除されず、血液検査にてHCV-RNA陽性状態が続き、持続感染状態となる。
慢性肝炎
  血液検査にて、HCV-RNA陽性でALT値が正常な場合は無症候性キャリアであるが、多くの場合はALT高値持続し慢性肝炎状態となる。ALT高値が持続する慢性肝炎の状態を5〜10年以上経過することで、その後肝硬変への移行・肝細胞癌発症となってくる。慢性肝炎持続の場合、約60パーセントが肝硬変へと進展し、肝硬変後は年間7 - 8パーセントが肝細胞癌を発症する。肝硬変に至る前は肝細胞癌への発症率は低い。肝硬変になると腹水貯留や浮腫(むくみ)、黄疸などの症状が現れ、腎臓の炎症(膜性増殖性糸球体腎炎)を合併することがある。
検査
問診
  基本的に血液感染によって成立するため、輸血、注射手術、針刺し事故、覚醒剤注射などの感染の原因となりうることがあったかどうかを確認が大切である。
血液検査
  血液検査の目的は主に肝炎があるかどうかや、肝炎の程度、肝臓の機能を調べること。
・ウイルス検査:HCV抗体:多くの医療機関 ・検診等にてスクリーニングで施行。感染初期には陰性を呈する場合も多い。:HCV-RNA:C型肝炎ウイルスのRNA量を測定する。手法はいくつがあるが、現在主にTaqMan real-time PCR法が用いられる。HCV抗体陽性でも、HCV-RNA陰性の場合は既感染・治癒症例と診断する。HCVウイルス量は、治療成功予測因子でもある。抗ウイルス治療後の効果判定にも用いられる。発癌とウイルス量は相関しない。:HCV-RNA定量のDNA-probe法やTMA法は、測定感度が低く、現在はあまり用いられない。 ・HCV-RNA genotype/serotype:HCV-RNAの型によってインターフェロン療法の治療効果推測に用いられる。:肝障害 ・ALT値・AST値 ・肝線維化:IV型コラーゲンヒアルロン酸など ・肝機能:血小板 (Plt)、プロトロンビン時間 (PT)、アルブミン (Alb)、コリンエステラーゼ (ChE) など ・肝細胞癌の腫瘍マーカーAFP、AFP-L3、PIVKA-II:これらは肝炎マーカーではないが、肝癌スクリーニングのため、上記検査と同時に行われることが多い。
画像検査
  以下の画像検査によって、慢性肝炎〜肝硬変肝細胞癌の発生を評価していく。
腹部超音波検査 ・CT ・MRI
病理組織検査・・・肝生検により肝臓の傷害について、リンパ球浸潤や線維化などの組織学的評価ができる。
治療
  有効なワクチンは実用化されていない。慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALT値の正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。
抗ウイルス療法
  抗ウイルス治療は、C型肝炎ウイルスを排除する治療である。従来は組換えタンパク質製剤であるヒトインターフェロンを基本とした治療が基軸であったが、その後は「直接作用型抗ウイルス剤(Direct Acting Antivirals; DAA)」の治療成績が極めて良好で、非常に高額な治療費であるが、第一選択薬として行われている。
  治療効果は、血液検査にてHCV-RNA量を測定して評価する。治療終了後6ヶ月の時点まで、HCV-RNA陰性が持続している状態を「ウイルス学的著効 (SVR; sustained virological response)」と言う。
治療対象
  「日本肝臓学会」による治療対象は「肝細胞癌を発症していない非代償期肝硬変以外のすべてのC型肝炎症例」が、抗ウイルス療法の治療対象である。肝病変以外の合併疾患にて、予後が不良である場合には適応としないことや、肝細胞癌を発症している場合には、癌の治療コントロールが優先とされ、癌の治療を終えて再発を認めていない場合にのみ治療対象とされている。
  治療費が高額であるため、指定専門医療機関での指定専門医の診断申請による公費負担医療が必須であり、左記の治療適応が決められている。
直接作用型抗ウイルス薬(Direct acting Antiviral Agents:DAAs)
  以下の直接作用型抗ウイルス薬(Direct acting Antiviral Agents:DAAs)が開発され、治療成績が非常に良好で、第一選択として行われている。中でもマヴィレットやハーボニーは、ガイドラインにおいて、多くの症例で第一選択とされている。
  ただ、非常に高額な薬剤であることが世界的に問題となっており、日本においては指定医療機関での指定専門医による診断申請で、公費負担医療になる制度が存在している。
  また薬剤耐性遺伝子変異(NS5A領域上のL31M/V、Y93Hや、NS3/4A領域上のD168A/E/Vなど)がある症例では、一部治療効果が低くなることが知られており、高額治療のため薬剤選択適応において、慎重な判断が必要とされる。
NS3/4A(プロテアーゼ)阻害薬
 ・ボセプレビル Boceprevir(BOC) ・テラプレビル Telaprevir(TVR) : TVR(テラビック Telavic インシベックIncivek バーテックス・ファーマシューティカルズ)として日本で最初に承認されたDAA製剤で、遺伝子型(genotype:GT)1a、1b、2a、2bのC型慢性肝炎に対し、PEG-IFNα2b+RBV+TVRの3剤併用療法で使用された(2011年-2017年)。服用回数の多さ(1日3回)、副作用、インターフェロンフリーのDAAsの登場などにより使用機会が減少。現在製造販売終了。 ・シメプレビル Simeprevir(SMV):SMV(ソブリアード Sovriad ヤンセン)として、GT1a、1bのC型慢性肝炎に対し、PEG-IFNα-2a (or 2b) +RBV+SMVの3剤併用療法で使用された(2013年-2019年)。現在製造販売終了。本剤の販売終了により、日本ではDAA製剤によるC型慢性肝炎の治療はすべてインターフェロンフリーとなった。 ・ファルダプレビル Faldaprevir ・バニプレビル Vaniprevir(VPV) : VPV(バニヘップ Vanihep メルク)として、GT1a、1bのC型慢性肝炎に対し、PEG-IFNα-2b+RBV+VPVの3剤併用療法で使用された(2014年-2016年)。現在製造販売終了。 ・アスナプレビル Asunaprevir(ASV):ASV(スンベプラ Sunvepra ブリストル・マイヤーズ)としてDCV+ASV 2剤併用療法があり、GT1のウイルスに対して髙いSVR効果を示す。後継の他薬よりも服用回数が1日2回とやや多く、治療期間も24週と他薬に比べてやや長い(後継薬では8-12週が主流)。また併用禁止薬も非常に多い。ただし、インターフェロンフリーで使用可能なDAAの中ではやや安価(DCVとの併用で1.4万円/日、228万円/24週)。 ・パリタプレビル Paritaprevir(PTV):OBV+PTV/rの3剤配合剤(ヴィキラックス Viekirax アッヴィ)としてGT1のウイルスに対して使用された(2015年-2018年)。非常に高いSVR効果を示したが非常に高額であった(2017年時点で4.6万円/2錠/日、387万円/12週)。現在は製造販売終了。 ・リトナビル Ritonavir(RTV/r):OBV+PTV/rの3剤配合剤(ヴィキラックス Viekirax アッヴィ)に含まれ、NS3/4Aに対する作用よりもCYP3A4に対する阻害作用により、OBV、PTVの有効濃度を高めるためのブースターとして配合された(ヴィキラックスとしては2018年に販売終了)。 ・グラゾプレビル Grazoprevir (GZR):GZR(グラジナ Grazyna メルク)ないしEBV+GZR の2剤配合剤(ゼパティア ZEPATIER メルク.国内未承認)があり、GT1のウイルスに対して非常に髙いSVR効果を示す。 ・グレカプレビル Glecaprevir (GCR):GCR+PBVの2剤配合剤(マヴィレット Mavyret アッヴィ)があり、GT1~6までのすべての遺伝子型(pangenotype)に対して短期間(GT1,2のC型慢性肝炎なら8週間、それ以外は12週間)に髙いSVR効果を示す。マヴィレットとしての薬価は7.3万円/日、406万円/8週。NS5A阻害薬 ・ダクラタスビル Daclatasvir(DCV):DCV(ダクルインザ Daklinza ブリストル・マイヤーズ)としてDCV+ASV 2剤併用療法があり、GT1のウイルスに対しての非常に高いSVR効果を示す。非常に高額であるが、インターフェロンフリーで使用可能なDAAの中ではやや安価(DCVとの併用で1.4万円/日、228万円/24週)。 ・レジパスビル Ledipasvir(LDV):LDV+SOF の2剤配合剤(ハーボニー Harvoni ギリアド・サイエンシズ)があり、GT1のウイルスに対して非常に高いSVR効果を示す。腎機能低下例または心疾患合併例に対しては非対応。薬価はハーボニーとして5.5万円/日、459万円/12週。 ・オムビタスビル Ombitasvir(OBV):OBV+PTV/rの3剤配合剤(ヴィキラックス Viekirax アッヴィ)GT1のウイルスに対して使用された(2015年-2018年)。非常に高いSVR効果を示したが非常に高額であった(2017年時点で4.6万円/2錠/日、387万円/12週)。現在は製造販売終了。 ・エルバスビル Elbasvir(EBV):EBV(エレルサ Erelsa メルク)ないしEBV+GZR の2剤配合剤(ゼパティア Zepatier メルク)があり、GT1のウイルスに対して非常に高いSVR効果を示す。 ・ピブレンタスビル Pibrentasvir(PBV):GCR+PBVの2剤配合剤(マヴィレット Mavyret アッヴィ)があり、GT1~6までのすべての遺伝子型(pangenotype)に対して短期間(GT1,2のC型慢性肝炎なら8週間、それ以外は12週間)に髙いSVR効果を示す。マヴィレットとしての薬価は7.3万円/日、406万円/8週。 。ベルパタスビル Velpatasvir(VEL):SOF+VELの2剤配合剤(エプクルーサ Epclusa ギリアド・サイエンシズ)があり、GT1~6までのすべての遺伝子型(pangenotype)に対して非常に高いSVR効果を示す。エプクルーサとしての薬価は6万円/日、505万円/12週。 NS5B(ポリメラーゼ)阻害薬 ・ソホスブビル Sofosbuvir(SOF):SOF+LDV配合剤(ハーボニー Harvoni ギリアド・サイエンシズ)や、SOF+VELの2剤配合剤(エプクルーサ Epclusa ギリアド・サイエンシズ)があり、エプクルーサではGT1~6型までのすべての遺伝子型(pangenotype)に対して非常に高いSVR効果を示す。薬価は、ハーボニーとして5.5万円/日(459万円/12週)、エプクルーサとして6万円/日(505万円/12週)。また、以前よりSOF単剤(ソバルディ Sovaldi ギリアド・サイエンシズ)+RBVの2剤併用療法でも使用されており、GT2のウイルスに対して非常に高いSVR効果を示してきた。単剤の薬価は4.2万円/日、355万円/12週。重度腎機能障害例での使用は禁忌。 ・ダサブビル Dasabuvir(DSB):OBV+PTV/r+DSBの4剤配合剤(ヴィキラパック Viekira Pak アッヴィ.国内未承認)があり、GT1のウイルスに対して非常に高いSVR効果を示す。 ・ベクラブビル Beclabuvir(BCV):DCV+ASV+BCVの3剤配合剤(ジメンシー Ximency ブリストル・マイヤーズ) として用いられ、GT1のウイルスに対して非常に高いSVR効果を示した(2016年-2018年)。現在は製造販売終了。
インターフェロン治療(IFN)
インターフェロン (IFNα) を基本とし、IFNα単独療法から、IFNα2b+Ribavirin(RBV; リバビリン)併用療法が開発され発展してきた。以下のポリエチレングリコールを付加し体内停滞時間を持続させたペグインターフェロン (PEG-IFNα)+RBVの併用療法が一般的であった。治療方法はウイルスのserotype(血清型)やgenotype(遺伝子型)によって選択されていた。基本は24週間の投薬で、治癒が見られない場合はさらに24週間の計48週間の投薬治療が行われていた。サイトカインであるインターフェロンの投与であることから、様々な副作用の問題もあった。 ・PEG-IFNα2a+RBV ・PEG-IFNα2b+RBV ・また以下のIFNを用いることもあった。 ・IFNα ・IFNα:肝硬変進行例でも適応 ・IFNβ:肝硬変進行例でも適応 ・Consensus-IFNα・IFNαcon1
血液浄化療法-VRAD(virus removal and eradication by DFPP:ウイルス除去療法)と呼ばれ、IFN治療に二重濾過血漿交換療法を併用することで治療効果を高める目的で施行されていた。
その他-一般的ではないが、スタチン脂質異常症治療剤)製剤をインターフェロンに併用して行う治療方法があり、臨床学的信頼性は低いものの、安価でかつ可能性のある療法として選択されていた。スタチンによりウイルスが成熟に必要な脂質が不足し、ウイルス粒子複製を阻害すると考えられている。
肝庇護療法
  抗ウイルス療法以外に、ALT値の正常化を計る目的で、以下が用いられていた。
   ・グリチルリチン  ・ウルソデオキシコール酸  ・肝臓加水水解物  ・小柴胡湯漢方薬):IFNとの併用は間質性肺炎のリスクが高まるとのことで併用禁忌薬
肝外病変
 ・C型肝炎ウイルスによって肝臓以外の病変を合併している場合は、肝外病変の治療も並行して行う。
 ・主な病態は、クリオグロブリン血症[12]膜性増殖性糸球体腎炎、晩発性皮膚ポルフィリン症シェーグレン症候群慢性甲状腺炎悪性リンパ腫扁平苔癬
 ・血中の鉄分が肝障害を与えるとし、瀉血療法を用いることもある(鉄による酸化ストレスを軽減すると考えられている)。
 ・シクロスポリンを併用している肝/腎移植後や乾癬を合併したC型肝炎患者では、HCVの増殖が抑制されることが観察されている。研究ではシクロフィリンがHCV複製に重要な働きをしていることが示唆されている(類薬であっても、シクロフィリンでなくFKBPに作用するタクロリムスでは抑制されない)。
 ・ウイルスを排除できた (SVR) 後にも、SVR肝癌と呼ばれる発癌症例がまれにみられるため、治療終了後も肝癌スクリーニングは必要とされる。
予防
  注射器から外したキャップを再び針につける際に事故が起こりやすいため、しないようにする(リキャップ禁止)。また感染者の体液や血液は、適切に処置するようにする。針刺し事故では、血液を絞り出しつつ速やかに傷口を流水で洗い流す。医療事故後に予防的にインターフェロンを投与することもある。







このTopに戻る





monomousu   もの申す
最近のニュース
TOPにもどる