防衛問題

2019年3月

陸上自衛隊は26日、鹿児島県・奄美大島と沖縄県・宮古島に新たな駐屯地を開設する。中国による離島侵攻の脅威を見据え、抑止力と対処力を
     たかめる。沖縄県の石垣島でも駐屯地の拡充計画を進めており、管制すれ「戦力の空白地帯」とされる南西地域で当面の防衛態勢が整う
     ことになる。(2019.3.18)

海上自衛隊最新鋭そうりゅう型潜水艦「そうりゅう」(2950排水トン)の引渡し式が18日に行われた。海上自衛隊の「そうりゅう型としては10番艦となる。
     (2019.3.18)

安部信三首相 防衛問題
  阿部信三首相は17日、防衛大学校の卒業式で訓示し、「サイバー空間や宇宙空間での活動に各国がしのぎを削る時代になった。陸・海・空の
     従来の枠組みにとらわれた発想のままではこの国を守り抜くことは出来ない」と述べた。北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け日朝」
     交渉の進展を視指していることから核・ミサイル問題には言及しなかった。(2019.3.18)

極東地域を管轄するロシア軍東部軍管区は12日、北方領土の択捉島国後島で射撃・砲撃部隊による軍事演習を開始した。(2019.3.13)

2019年2月

中国軍機のY9情報収集機が23日、東シナ海から日本海の公海上を飛行したと防衛省統合幕僚監部が広報した。航空自衛隊の戦闘機
    スクランブルして対応に当たったが、Y9情報収集機は防空識別圏に侵入したが、領空侵犯はなかった。(2019.2.24)
岩屋毅防衛相は23日、陸上自衛隊相浦駐屯地で、尖閣諸島を想定した離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の訪問を実施した。「新たな防衛計画
    の大鋼」が抑止力強化策の位置づけた水陸機動団の重要性をアピール。(2019.2.24)
航空自衛隊の「F2戦闘機」1機が墜落。時刻は20日午前9時18分頃、山口県沖の日本海で訓練飛行中の事故である。乗組員2人は洋上で救助
     された。F2は福岡県の築城基地所属。3機で対戦闘機を想定した訓練中だった。岩屋毅防衛相は「地元の皆さんには、大変ご迷惑をおかけ
     申し訳ない。原因究明の上で再発防止に勤めます」。(2019.2.20)

2019年1月


日本排他的経済水域(EEZ)宮古島海上保安部は、27日午後2時半頃「EEZ」漁業法違反」で中国漁船の船長「劉美栄」を逮捕した。(2019.1.29)
防衛省計画:宇宙・サイバー・電磁波などを管轄する統合本体の創設を検討している「機能総合組織」である。これには昨年末に政府が
     防衛力整備基本方針に沿ったものである。(2019.1.27)
防衛省のシンクタンク「防衛研究所」が「中国安全レポート2019」を発表した(2019.1.31)
     1)巨大経済構想「一体一路」の推進により、発展途上国にたいして「自らに有利な秩序の構築を目指している」。・・・2)武力を背景とする
     外交政策は周辺国の不審を招いており「曲がり角にさしかかっている」・・・3)「一体一路」について、「米国を中心とした先進国だけでなく、
     発展途上国の間でも警戒と反発が高まりつつある」・・・4)中国のやり方に対して、「国際社会で大きな役割を発揮するには、地域諸国の
     支持を固めることが先決である」・・・5)中国の海外展開について、南シナ海での軍事拠点化東シナ海、西太平洋への展開行動を強化
     してぎているのは、「米軍の行動を制約する」能力の向上の為である。(2019.1.31)
米政府は、日本に対して「地上イージス」売却を許可した。メーカーは「ロッキード・マーチン社」、売却額はイージスシステムと関連施設合2基わせて
     約2,350億円で日本政府に売却。(2019.1.30))
防衛省計画:宇宙・サイバー・電磁波などを管轄する統合本体の創設を検討している「機能総合組織」である。これには昨年末に政府が
     防衛力整備基本方針に沿ったものである。(2019.1.27)

2018年12月

日本、防衛費 向う5年間で27兆円(中期防衛力整備)(2018.12.11)
  日本の新装備は軍拡中国に対応するためにはやむを得ない
  対GDP(国内総生産)比 1% を超える(2018.12.19)
  F35B-短距離離陸、垂直着陸-:空母艦と一体運用。40機導入(2018.12.13)
  護衛艦「いずも」を空母艦へ、F35B最新鋭ステルス戦闘機の導入(2018.12.11)
  台湾有事の際、最も影響力-米国、最も影響を受ける-日本(日米台関係研究所)
  「ステルス戦闘機」国内組み立て放棄!輸入に頼る。他の自国防衛は温存予定
  戦闘機開発技術技術蓄積技術者確保に空白の件は今後の検討計画
  高速滑空弾極超音速誘導弾開発は自国研究開発方針

2018年11月

海自の「いずも」型護衛艦を空母化へ
日本防衛比を国民総生産に比べて、種種他国のまた、現状の他国の様子から鑑みて-35年度までにGDP比1.3%に増額する予定!
日米-南シナ海で協力(8兆円)支援-インド洋自由航行へ ・・・  日米中国の覇権排除が目的?
日本の新防衛大網概要案を施行される

2018年10月

自衛隊明文化と国防問題

このTopに戻る

monomousu   もの申す
TOPにもどる
最近のニュース