monomousu   もの申す
最近のニュース
TOPにもどる
一般社団法人「北朝鮮帰国者の記憶をする会」




呼びかけ人:金時鐘(詩人) 、文京洙(立命館大教員)、辛淑玉(のりこえネット共同代表)、ヤン ヨンヒ(映画監督)、 石丸次郎(ジャーナリスト)、 郭辰雄(コリアNGOセンター代表理事)、 林範夫(弁護士) 、宋毅(医療福祉従事者)、文世一(京都大教員)
賛同人:朴正鎮(津田塾大教員)、 金敬黙(早稲田大教員) パク ジョンナム(翻訳家)、田月仙(オペラ歌手)、 合田創(自由ジャーナリストクラブ理事) 、洪敬義(社会福祉法人勤務) 、金明秀(関西学院大教員) 、魁生由美子(愛媛大教員)、加藤博(北朝鮮難民救援基金)、山田文明(帰国者家族の生命と人権を守る会)、三浦小太郎(評論家)姜誠(フリージャーナリスト)、前田達朗(大学教員)


1959年12月14日、新潟港から朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)への帰国第一船(975人)が出港しました。1959年から25年間にわたって行われた在日朝鮮人の北朝鮮帰国事業では、日本国籍者6,730人を含む93,340人の同胞家族が、北朝鮮に渡りました。当時の「在日」人口の実に6.5人に1人にあたります。この93,340人は、いったいどのような“生”を送ったのか? それは在日朝鮮人史の中にしっかりと刻まれるべき重大な事柄ですが、詳細な記録はなく、今もその

“生き様”を記録するために
2019年12月14日で、帰国第一船が新潟港を出港して60年になります。帰国者の多くは今や高齢で、すでに亡くなられた方もいます。帰国者の「生き様」を調べ、記録するための時間は残されていません。現在、脱北して日本に戻った帰国者は200人あまり。関東に約150人、大阪に約50人が住んでいます。韓国には約400人の帰国者が入国していると思われます。この中には北朝鮮で生まれた方、また、脱北後に日本や韓国で生まれた方もいます。

非営利、非政治、協働での調査、学術研究

  一般社団法人「北朝鮮帰国者」の記憶を記録する会では、在日韓国・朝鮮人と日本人が協働・共同して、「在日」と日本人の家族が北朝鮮で生きた記憶を残す作業を始めました。2018年7月8日には、二人の脱北帰国者をお迎えし、証言を聞く集会を開催しました。今後、2020年末を目標に聞き取り調査と取材を重ね、記録集「在日帰国者は北朝鮮でどう生きたか?(仮題)」の刊行をめざしています。


一般社団法人 北朝鮮帰国者の記憶を記録する会 http://www.kikokusya.org/
お問合せ 電話/FAX 06-6373-2444 1959@kikokusya.org

帰国事業開始から60年 : 北朝鮮帰国事業とは何だったのか? 帰国者と在日家族の証言で考える

キム・ジュソンさん(関西から1970年代に帰国、「飛べない蛙」著者、韓国在住)
榊原洋子さん(1960年代初めに帰国、関西在住)
チョン・ムンジャさん(1940年鳥取県出身。両親と兄弟姉妹ら一族10数人が帰国。「帰らなかった在日家族」の立場から発言)司会進行 合田創/石丸次郎

  12月で、在日朝鮮人の北朝鮮帰国事業が始まって60年を迎えます。「在日」人口の6.5 人に1人にあたる計93,000人余り(日本国籍者約7,000人を含む)が北朝鮮に渡りましたが、彼・彼女たちは、その後どのような人生を送ったのでしょうか? 帰国した時期、地域、経済事情、日本との繋がりによって、帰国者の暮しも思い、苦楽も様々だったはずです。60年代、70年代に帰国し、その後北朝鮮を離れたお二人と、多くの親族が北朝鮮に帰国した在日2世をお招きし、北朝鮮帰国事業とは何だったのかを考えます。

帰国事業開始から60年 : 北朝鮮で在日どのように生きたのか その「生」を当事者に聞く

・リ・チャンソンさん  1941年岡山出身 1962年に単身帰国 韓国在住
・キム・ルンシルさん  1948年福岡出身 1960年に母と姉妹と帰国 韓国在住
・石川学さん    1958年東京出身 1972年に朝鮮中学在学時に帰国 東京在住
・チョン・ムンジャさん 1940年鳥取県出身。両親と兄弟姉妹ら一族10数人が帰国。
●パネリスト/聞き手
・朴正鎮 (津田塾大学)
・石丸次郎 (ジャーナリスト/アジアプレス)

  今年12月、在日朝鮮人の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への帰国事業が始まって60年を迎える。帰国事業は冷戦下の東アジアにおける南北朝鮮と東西陣営の体制間競争と、日本社会の「在日」に対する差別と貧困、「在日の厄介払い」に利用したい日本政府の意向などが絡み合って始まった。
  「帰国前夜」については調査研究が進んだ一方で、当時者である9万3000人超の帰国者たちが「北朝鮮」でどのような生を送ったかについては、いまだに情報は断片的で詳細は不明のままである。在日史に残る空白のページを埋めるためには、脱北した帰国者たちの体験を体系的に収集・整理する作業が不可欠だ。
  現在、日本に戻った帰国者は約200名。韓国にも300人以上が住む。北朝鮮における「在日」の人生といっても、帰国した時期、地域、経済事情、日本の親戚との繋がりの濃淡などによって、暮しも思いも苦楽も様々だったに違いない。
  南北朝鮮を取り巻く国際関係、北朝鮮社会の政治経済的変化が、帰国者の生き様にどのような影響をもたらしたのか。60年代、70年代に北朝鮮に渡り、その後脱北した3人と、多くの親族が帰国した在日2世を招いて証言を聞きます。

帰国事業開始から60年 : 北朝鮮で在日どのように生きたのか その「生」を当事者に聞く

・リ・チャンソンさん  1941年岡山出身 1962年に単身帰国 韓国在住
・キム・ルンシルさん  1948年福岡出身 1960年に母と姉妹と帰国 韓国在住
・石川学さん    1958年東京出身 1972年に朝鮮中学在学時に帰国 東京在住
・チョン・ムンジャさん 1940年鳥取県出身。両親と兄弟姉妹ら一族10数人が帰国。
●パネリスト/聞き手
・朴正鎮 (津田塾大学)
・石丸次郎 (ジャーナリスト/アジアプレス)

  今年12月、在日朝鮮人の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への帰国事業が始まって60年を迎える。帰国事業は冷戦下の東アジアにおける南北朝鮮と東西陣営の体制間競争と、日本社会の「在日」に対する差別と貧困、「在日の厄介払い」に利用したい日本政府の意向などが絡み合って始まった。
  「帰国前夜」については調査研究が進んだ一方で、当時者である9万3000人超の帰国者たちが「北朝鮮」でどのような生を送ったかについては、いまだに情報は断片的で詳細は不明のままである。在日史に残る空白のページを埋めるためには、脱北した帰国者たちの体験を体系的に収集・整理する作業が不可欠だ。現在、日本に戻った帰国者は約200名。韓国にも300人以上が住む。
  北朝鮮における「在日」の人生といっても、帰国した時期、地域、経済事情、日本の親戚との繋がりの濃淡などによって、暮しも思いも苦楽も様々だったに違いない。南北朝鮮を取り巻く国際関係、北朝鮮社会の政治経済的変化が、帰国者の生き様にどのような影響をもたらしたのか。60年代、70年代に北朝鮮に渡り、その後脱北した3人と、多くの親族が帰国した在日2世を招いて証言を聞きます。

設立にあたって
1959年から25年間にわたって行われた在日朝鮮人の北朝鮮帰国事業では、93,000人余り(日本国籍者約7,000人を含 む)が、北朝鮮に渡りました。当時の「在日」人口の実に6.5 人に1人にあたります。
  この93,000人は、いったいどのような 生を送ったのか? それは在日朝鮮人史の中に刻まれるべきですが、詳細な記録はなく、今もそのページは空白のままです。帰国事業は、差別と貧困にあえぐ在日朝鮮人を祖国に帰す人道事業、「慶事」として、在日朝鮮人と日本人が共同して推し進めました。いわば、日本社会全体で93,000人の背中を押して北朝鮮に送り出したと言えます。
  帰国事業開始から60年が経とうとしている今、在日韓国・朝鮮人と日本人が協働・共同して「在日」が北朝鮮で生きた記憶を残す作業を始めることにしました。








このTopに戻る