monomousu   もの申す
最近のニュース
TOPにもどる
選挙問題-1


2020.1.23-NHK NEWS WEB-https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200123/k10012255891000.html
河井案里議員 週刊誌で報じられた1億5000万円「違法性ない」

自民党の河井案里参議院議員は、初当選した去年の参議院選挙の前に、みずからと夫の政党支部に、党本部から合わせて1億5000万円が振り込まれていたなどと週刊誌で報じられたことについて「違法性はない」と述べました。
  自民党の河井案里参議院議員は、23日発売された「週刊文春」で、初当選した去年7月の参議院選挙の前に、みずからと夫の河井克行前法務大臣の政党支部に、党本部から合わせて1億5000万円が振り込まれていたなどと報じられました。
  これについて、河井案里氏は23日、記者団に対し「いただきました」と認め、「私が活動を始めたのは4月半ば以降で、選挙までのわずか2か月半の間に党勢を拡大しなければいけないということで、短い期間に資金が集中したものと考えている」と述べました。
  一方で「政治資金収支報告書にしっかりと記載し、報告することにしているので、違法性はないと考えている」と述べました。
  また、23日の参議院本会議の代表質問で、みずからが取り上げられたことについて「政治家として本当に申し訳なく思っている」と述べました。
  河井案里氏は、参議院選挙でみずからの陣営が、いわゆるウグイス嬢の運動員に法律の規定を超える報酬を支払っていたなどと、去年10月に「週刊文春」で報じられ、先週には広島地検から秘書が事情を聴かれるなどしています。
立民 安住国対委員長「事件の原資なら大問題」
  立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し、「他党のことなので金額の多寡をどうこう言う立場にはないが、事情聴取されている事件の原資としてお金が使われたとすれば非常に大きな問題だ。ほかの候補者の何倍ももらっているということは、いわば『特別扱い』であり、無関心ではいられず、たださなければならない」と述べました。
国民 原口国対委員長 「カネまみれ政権」
国民民主党の原口国会対策委員長は、記者団に対し「政党支部に対して自民党本部から振り込まれたとされるお金が、買収などの不適切なことに使われていたならば重大なことだ。カネまみれ、利権まみれの政権を1秒たりとも存在させてはならず、野党が結束して対応したい」と述べました。
公明 斉藤幹事長「広島選挙区で2人当選への作戦か」
公明党の斉藤幹事長は記者団に対し、「公明党と自民党では選挙のやり方が違うので、金額がどういう意味を持つのか分からないが、自民党としては広島選挙区で2人の候補者を当選させるための作戦の1つだったのではないか」と述べました。
地元 広島市長「額より使い方が適切かどうかが重要」
  地元広島市の松井市長は23日の記者会見で、「選挙資金の確保は法令にのっとってやらないといけない。額が多いかどうか以上に、お金の使い方が法令どおり適切になされているかどうかが重要だ」と述べました。
  また、松井市長は、両議員の事務所が公職選挙法違反の疑いで広島地検の捜索を受けたことについて、「有権者からすると、なぜこうした事態が起きているのか知りたいと思う。今起きている事象を国会議員としてどう捉えているか言ってもらうことが、すべてのスタートだ」と述べ、重ねて説明責任を果たすよう求めました。
夫の河井克行前法相「妻の説明に尽きる」
河井案里参議院議員の夫の河井克行前法務大臣は、記者団に対し、「妻が説明したと聞いているので、それに尽きると思う。いろいろな質問をいただき、お答えすることができないのが心苦しいかぎりだが、捜査には全面的に協力しており、コメントは控えたい」と述べました。


2020.1.16-Yahoo!!Japanニュース-https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00435900-rccv-l34
公選法違反事件 河井案里議員 秘書の関係先も捜索 広島地検
(RCC中国放送)

自民党・河井議員夫妻の去年の参議院選挙をめぐる公職選挙法違反事件です。広島地検は案里氏の秘書の関係先も捜索しました。
  去年7月の参議院選挙で河井案里氏の陣営が選挙スタッフに上限を超える報酬を支払った公職選挙法違反の疑いで、広島地検は、案里氏の秘書の関係先も未明まで捜索しました。
  「午前2時過ぎです。地検の関係者が出てきました。」(成瀬訓子記者)
  関係者によりますと、この秘書は、過去に克行氏の秘書を務めていて、参院選では案里氏の選挙活動に深く関わり、経理担当者に選挙資金の処理について具体的に指示していたとされています。
  広島地検は、河井議員夫妻の事務所で押収した資料と合わせて、当時の案里事務所の実態について慎重に調べる方針です。



河井克行
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


河井 克行( かつゆき、1963年昭和38年)3月11日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)、きさらぎ会幹事長。
自由民主党総裁外交特別補佐内閣総理大臣補佐官第3次安倍第1次改造内閣)、法務副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、外務大臣政務官第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、衆議院外務委員長、法務大臣(第101代)、広島県議会議員(1期)等を務めた。

河井案里
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


河井 案里( あんり、1973年9月23日 - )は、日本の政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)、自民党広島県参議院選挙区第七支部長。元広島県議会議員(4期)。宮崎県出身。旧姓は前田。夫は自由民主党所属の衆議院議員で元法務大臣(第101代)の河井克行







このTopに戻る