monomousu   もの申す
KK日産自動車

2019年1月

元日産自動車の会長カルロス・ゴーン被告がは、2016年10月にベルサイユ宮殿で結婚披露宴を開いた際、当時会長であったたちばから、
       ルノーの資産を不正に流用した疑いがあるとして、警察への通報を考えていると公表した(2019.2.8)
日産自動車の前会長、「カルロス・ゴーン被告(64)」が日産子会社からオマーンの日産販売代理店に支出させた約35億円
      について、日産関係者が「不要な支出だった」と東京地検特捜部に証言。ゴーン被告は特捜部に「報奨金であり、正当な支出」と説明している
      が日産関係者は「報奨金は別途、世紀の予算から支払っていた。」とし、ゴーン被告の主張を否定している。(2019.2.6)
日産自動車は3日、英中部サンダーランド工場でのSUVの「エクストレイル」の次期モデルの生産を取りやめた。
     日産は撤退の理由として、「欧州事業への投資の適正化」と説明。

2018年12月

日産自動車-検査不正。
  12月4度目の「完成検査」で不正が発見された
  11月カルロス.ゴーン会長の有価証券報告書偽装問題
  9月「ウミは出し切った」と役員の幕引き
  9月「精密車両測定検査」不正問題
  7月排ガスデーターの改竄問題
  9月(1988年)無資格従業員の完成検査」問題

2018.年11月

日産会長「カルロス.ゴーン」氏逮捕-50億円の過少申告で



  日産、ルノー、三菱自動車の3社のトップによる新体制ではじめての会談
             (カルロス・ゴーン会長の辞任後)が1月31日に協議されるみとうし!・・・で
             予定であることを発表した。歪な資本構成については、ルノー側は話題に上げる
             予定ではないと言う。(2019.1.29)
  ルノー、「カルロス・ゴーン会長」(64)は23日、仏自動車大手ルノーに会長兼
    CEOを辞任すると伝えた。これを受け「ルノー」側は後任に「仏タイヤ大手ミシュラン」の
    「ジャンドミニク・スナールCEO(65)を選出したと発表!(2019.1.25)
  東京地裁はカルロス・ゴーン氏側から出されていた保釈は、証拠隠滅の恐れが強いとして再度
    認めなかった(2019.1.22)
  日産とルノー自動車会社の経営統合目的での持ち株会社設立を日本政府に提案していた。
    ただ今現在は「資本関係の見直しはまったく考えていない」と表明している2019.1.21)
  三菱自動車は「カルロス.ゴーン」氏に対する内部調査をした。日産と共同で約10億円の 
    損害賠償責任を検討している
  「カルロス.ゴーン」氏逮捕問題でルノー側はカルロス.ゴーン被告の勾留長期化、解任
    を見据え、20日に「新経営体制」を構築か?
  カルロス.ゴーン被告の件で東京地裁は15日、弁護士の保釈請求を却下した。(2019.1.16)
    同被告に保釈を認めた場合、国外逃亡、証拠隠滅などの恐れがあると判断した模様
  グレゴリ・ケリー容疑者で日産側日本政府は「技術流出」防止特捜部に協力-逮捕
    年に数回しか来日しない同氏、「どうしても来日してほしい」と日産側の執行役員の要求
     で拘束道路のPCで特捜部に任意同行:逮捕
  カルロス.ゴーン容疑者:サウジアラビアの知人に支出させた16億円+
    オマーンレバノンの会社に52億円を支出させていた。(2019.1.10)検察庁
    は裏づけをいそいでいる。
  「特別背任事件」で勾留理由開示が東京地裁で行われた(2019.1.8)
  東京地裁は「特別背任事件」で勾留理由開示を同裁判所と公開説明をする
      (2019.1.5)公開説明は一月八日、ゴーン、弁護人などが出廷!
  カルロス.ゴーン容疑者、特別背任事件で販促費名目で中東の知人へ16億円
   の振込みで子会社の幹部が「販促目的の実態ではないと思う」と証言(2019.1.4)
  カルロス.ゴーン容疑者、特別背任事件で11日まで勾留(2019.1.1)
  カルロス.ゴーン容疑者の娘二人が東京地検の待遇が悪いと告発(2018.12.31)
  ルノー、日産へ、再度株主総会開催を提案(2018.12.28)
  グレゴリ・ケリー容疑者、7000万円で保釈
  カルロス.ゴーン容疑者に対する「特別は委任」の立証に高いハードル
  申請銀行幹部、ゴーン容疑者の資産損失,日産に付け替え指示?(2018.12.22)
  カルロス.ゴーン前会長、特別背任容疑で、一転再逮捕(2018.12.21)
       リーマンショックで生じた18億円の私的負債を日産に付け替えた容疑
  カルロス.ゴーン前会長、近く保釈?勾留延長申請するも東京地裁異例の却下
       (2018.12.21)
  東京地裁-カルロス.ゴーン容疑者及びグレゴリ・ケリー容疑者の勾留延長
        を認めない決定-近く保釈される可能性がある(2018.12.20)
  日産、「取り締まり議長が役員報酬を決定する」規定を変更(2018.12.20)
  日産ルノーの臨時株主総会開催提案を拒否
  日産ルノーとの主導権争い激化:企業統治改革んじ影?(2018.12.18)
  ゴーン容疑者の家族、リオマンションから重要書類持ち出し(2018.12.15) 
  日産-会長席を当面空席に(2018.12.15)
  カルロス.ゴーン容疑者を解任見送り-不正発見できない為(2012.12.14)
  日産役員報酬、ゴーン氏の過小報告を加えると、株主総会で決めた上限超過
  リオデジャネイロのゴーン宅で金庫x3個、日産、入室拒否で鍵取替
  安部晋三首相:3社連合維持認める-仏と共有(2018.12.11)
  日産も4年分で起訴:西川社長-問われる責任(2018.12.11)
  「カルロス.ゴーン」氏再逮捕-直近3年で42億円(2018.12.11)
  地検-日産自動車も過小記載で起訴方針を確認
  カルロス.ゴーン一部「報酬覚書サイン認める。(2018.12.7)
  報酬一覧、ゴーン容疑者自ら修正(2018.12.6)
  日産の人事案に「ルノー」が賛成しなければならない義務を明記
      協定内容にある(2018.12.5)
  ゴーン容疑者-12月10日にも再逮捕:直近3年間で約40億円
  大鶴基成弁護士(元特捜部長) VS 特捜エースの対決か?(2018.12.3)
  ルノー日産、三菱連合でルノー優位(CEOはルノーより出す-規定)
  東京地検特捜部は種種を含めて90億円を立件する見込み
  監査法人が日産側に不透明資金の流れを問う
     日産側は「問題なし」と回答していた
  ルノー側新経営陣、カルロス.ゴーン会長の監査開始
  株価連動報酬権利40億円を加味すると120億円の不正申告
  日産の技術が中国へ?米国もここに入ってくる?(2018.11.24)
  フランスルノーは中国に工場を持つ
  特捜部は疑惑解明の「入り口」「出口」か?今後の捜査内容?
  日本.フランス「日産.ルノーの連合」-が望ましいが?(11.24)
  カルロス.ゴーン氏がグレゴリケリーにメールで虚偽記載指示
  日産とルノー、日産と特捜部、日本と仏は西川氏の裁量は?
  飛行機内は日産の居住区、逮捕に許可した人は内通者か?
  ゴーン氏の乗った飛行機に特捜部が、飛行機に乗り込む
  グレゴリ・ケリー氏はカルロス・ゴーン氏の不正実行役?
  ゴーン容疑者長年不透明な資金を勝手に使っていた
  日産、「ねじれ資本」解消に是正決意
  カルロス・ゴーン氏、80億円の脱税
  日産、独立性の危機(ルノー自動車からの独立経営ができるか)
  仏大統領とゴーン氏の画筆
  日産、仏ルノーの合併にゴーン氏抵抗-仏の策略か?
  会社側、ゴーン氏に再三是正を求める
  東京地検特捜部と社員との間で「司法取引

TOPにもどる

バックナンバー
2008年
a無秩序な排出権-2008.1.5            b「暫定税率」に関して-2008.2.10                c福岡3児死亡事件-2008.2.21
dサッカーアジアでブーイング-2008.2.18     eODAに対する意見-2008.6.26                  f中国の本当に怖いテロ-2008.8.16
2007年
g北朝鮮-2007.2.11                 h日本の環境問題対策-2007.6.9                i元大使の言動-2007.10.21
最近のニュース

このTopに戻る