monomousu   もの申す

医 療


中国で「無人クリニック」 - ハイテク企業数分で診断、自販機で薬を購入
詳細は(https://www.huffingtonpost.jp)HPへ

中国のテクノロジーイベントで11月7日、無人診察所の試作品がお目見えした。証明写真ボックスほどの大きさの室内でAIを使った医療診断を受けたあと、
     併設された自動販売機でおすすめの薬を購入することができる。
 無人クリニックを開設したのは、ソフトバンクが約4億ドル(約456億円)を出資する中国のオンラインヘルスケアサービス大手「平安健康医療科技」だ。
 発表によると、今回オープンした「ワンミニッツ・クリニック(1分間診療所)」は、まず、人工知能の医者(AIドクター)が、患者の声や画像などを通じて、
     初期診断をする。その初期診断を、実在する人間の医師が確認し、正式な診断を下すという仕組みになっている。追加の医療情報を提供したり、
     薬の摂取方法をアドバイスしたりすることも可能で、処方箋も出す。この流れを、数分で完了する。
 併設する自動販売機では、約100種類のよく使われる薬を販売。この自動販売機で薬を購入できなくても、同社の展開するスマホアプリ「平安好医生」
     (Ping An Good Doctor)でオンライン注文すれば、1時間以内に提携した薬局で薬を受け取ることができる。
 平安健康医療科技は今後、この1分間診療所を、薬局や観光地、ショッピングモール、高速道路サービスステーションなどに展開したいとしており、
     年末までに中国全体に約1000台の設置を目指すという。

アプリ「平安好医生」の利用者は約2億人
平安好医生は、提携する医師とのオンライン健康相談や病院の予約が可能なアプリで、既に約2億人のユーザーがいる。1日あたりの診察数は、37万件に達し
     これまで3億件以上のオンライン診察のデータを蓄積した。
 平安健康医療科技はこのデータをAIの研究開発に利用。平安好医生でもAIによる診断を活用することで、実在の医師の診察時間を短縮することに成功している。


2019年3月
透析中止-患者数人死亡事件:2018年8月「公立福生病院」(東京都福生市)で担当医が患者の40代の腎臓病患者の女性に人工透析治療中止の
     選択肢を示し、収支を選んだ女性が約一週間後に死亡していた。この病院ではほかに30代、50代の男性2人が人工透析治療を中止、死亡し
     たとの情報賀あり、都は医療法違反も視野に立ち入り調査を始めた。(2019.3.8)
日本透析医学会は「人工透析中止問題」で「患者に人工透析治療を中止する提案をすることは少ないし、そのような経験はまったくない。この事件では「医学的」
     や「倫理面」での検証が必要で、患者の心の変化が多い中で、きちんと説明し、患者の意思を丁寧に聞くことが必要である」と話した。(2019.3.8)
賃貸大手の「レオパレス」の施行不良問題
      一):遮音性に問題「あり-救急車などのサイレン音のような高音域での遮音性に問題。工場での生産性
        をあげるため、発泡ウレタンを使用。
     二):屋根裏の界壁がなく火災事故減退対策での問題(2018年4月発覚)
     三):外壁(建築物耐火問題)(2019年2月発覚)
   国交省は違反物件は3千棟を超えると視ており、レオパレスに対して「実態解明」と「早期改善命令」を求め監視強化をしている。(2019.3.8)
新型出生前診断」=すなわち妊婦の血液で「ダウン症」などの胎児の染色体異常を調べることである。「日本産科婦人学会」は2日の理事会で、
     検査できる医療機関を増やすため、認可施設の要件を大幅に緩和する改正案をきめた。改正案では、研修を受けた産婦人科医がいれば、
     小規模施設でも開業医でも実施できるようにする。(2019.3.3)
認可外の施設での検査が増えている為、不十分な診断でいたずらに中絶を選択する妊婦を減らすことにあるこのことは、医療技術の急速な進歩が、
     新たな倫理的課題を生み出しているのではないか。ただ、NPO法人「アール・ヅイーヅル」の萩原美由紀理事長は「傷害がわかったから
     「生まない」といった安易な考え方につながるのではないか。「命」を選択するのではなく、生まれてくる子の成長をどう支えていくかを考えて
     ほしい」と語る (2019.3.3)
2019年2月
岐阜県高山市介護保険施設施設それいゆ」で平成29年夏、入所者5人が相次いで死傷した事件で、岐阜県警高山捜査本部は24日うち87歳で
     死亡した「中江幸子」さんにたいする傷害致死容疑で、元職員の小鳥剛容疑者(33)を再逮捕した。残りのの被害者に関しては、慎重捜査が
     必要である。(2019.2.25)
ハンセン病-長年にわたる国の離隔施設で、患者だけでなく家族も深刻な差別、偏見を受け苦しんで来たととして、実名での家族が謝罪と損害賠償
    を求めた訴訟で5月31日に熊本地裁で判決が言い渡される。(2019.2.24)この件では昭和6年~平成8年まで離隔政策が続いた。熊本地裁は
    13年に離隔政策の違憲性を認めて国に賠償判決を言い渡した。(2019.2.24)
はしか感染」は世界で急増している。日本でも「はしか」が急増している。世界保健機構 (WHO)当局者は14日、2018年の「はしか」感染者が倍増
     しそうだと発表。2019年もこの傾向が続く傾向があると注意をうながした。(2019/2/15)
愛知県は14日、同県田原市の養豚場で「豚コレラ」が新たに発生したと発表した。県内では6日と13日に、豊田市と田原市で感染が確認せれており、
     養豚場は13日に判明した別の養豚場に隣接している。(2019.2.14)
豚コレラ」問題は4件で疑わしき豚の殺処分して終了宣言・・・対象は合計で1万5千頭。長野県=2444頭、松本市=38頭、岐阜県で4333頭、
     滋賀県=4333頭,と699頭、愛知県=7231頭,、大阪府=737頭、を9日までに処分。周辺では感染拡大防止に努めている(2019.2.10)
長野など「豚コレラ」の感染経路を調べている農林水産省は、資料会社の運搬車が感染を拡大させたか詳しく調査している。(2019.2.8)
岐阜県内の施設で、昨年9月に発症していた豚コレラで、隣接する愛知では越境を極端に警戒していたが、愛知県豊田市の養豚場から今月5日に
     子豚80頭が搬入された長野県の担当者は怒る。愛知県は当初別の感染症を疑ったといい、対応に危機感を欠く状態であったことは否めない。
     これが、豚コレラは6日、長野、愛知、滋賀、大阪を含めた5府県6養豚場に広がった。(2019.2.7)
愛知県の養豚場で豚コレラ確認、この養豚場は種豚出荷業者で出荷先は、長野、岐阜、愛知、滋賀、大阪などだが、この出荷先の感染(豚コレラ)が
     確認された。三重にも出荷していたがでは確認していない
明美ちやん基金」の医療団」がミヤンマーで始動!国内外で心臓病の子供達を救う医療団!。新病棟の完成で手術室の増設により、
     多くの子供に手術を実施できました。(2019.2.5)・・・このニュースに関しては、TOPに案内があります
岐阜県高山市の介護保険施設施設それいゆ」で平成29年夏、入所者の80~90代の3人が死亡、2人が負傷した事件で、
     岐阜県警高山捜査本部は3日、90代の女性に対する障害の疑いで、元職員の小鳥剛容疑者(33)を逮捕した。残り4人の被害者
     に関しては、慎重捜査が必要である。(2019.2.4)
猛威!インフルエンザ患者222万人に・・・全国で警戒レベル!・・・現在はA型が多いが2月になるとB型が多くなる傾向にある。
     一回かかると再びならないという神話的話は昔の話。一人で複数回罹患するケースもある。ご用心くださいませ。(2019.2.2)
2019年1月
名古屋刑務所で昨年12月以降、インフルエンザが流行し、これまでに同刑務所で受刑者約200人、職員約100人が発症している。
     (2019.1.31)
最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は、性同一障害のある人が、戸籍上の性別を変えるには、「生殖能力をなくす手術が必要である」との現存判断
     を支持した。ただし、この問題は現在は合憲であるが、将来にわたって継続的な検討が必要である。(2019.1.25)と将来に含みを残した。
特別養護老人ホーム「えいめい」で入所者35名がインフルエンザに集団感染し、このうち80~90代の男女5人が死亡。入所者と職員全員が
     昨年11月に予防接種を受けていた。(2019.1.24)
京都、丹南の障害者支援施設「京都太陽の園」は23日、入所者、職員計23人が集団感染し、入所者の男性(66)が死亡した。昨年11月入所者、
     職員全員が予防接種を受けていた。(2019.1.24)
養護老人ホーム「北淡荘」インフルエンザに集団感染し、うち71~99歳の7人が死亡。感染したのは入所者と職員74人に上る。(2019.1.22)
養護老人ホーム「シミズふないの里」インフルエンザに集団感(京都市丹南市)、うち70~90代の入居者14人、20~50代の職員12人が感染。
     1人死亡が確認された(2019.1.22)
東京医大に対して、医学部不正問題で助成金全額交付しない。また、日大岩手医大順天堂医大北里大金沢医科大福岡大が25%の減額
     交付となった。(2019.1.22)
「リンゴ病」患者、9倍に!!-「伝染性紅班」が関東や東北地方を中心に流行しており、今年も流行している全国で警戒している(2019.1.22)
診療放射線技師法違反容疑で歯科病院の歯科医師、助手11人逮捕。「ガーデンクリニック・ザ・ホワイトデンタルクリニック大阪院」(大阪市北区)
     病院である。(2019.1.9)
忘れた記憶-「めまい薬」で回復?-「アルツハイマー病」などに利く? 東京大京都大北海道大の研究チームの論文による。(2019.1.9)
「新型出生前診断」について日本産婦人科学会が検診用件緩和-西日本豪雨の浸水被害で停電し患者さんが孤立した「まび記念病院」は2月に
     全面復旧しました。
豪雨浸水事故は2018年7月7日 午前7時40分頃(岡山県倉敷市真備町川辺)。事故がありました。

このTopに戻る

TOPにもどる
最近のニュース