北方領土問題

北方4島問題とは-wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

概要

北方領土問題は、北海道根室半島の沖合にあり、現在ロシア連邦が実効支配している択捉島国後島色丹島歯舞群島の島々、すなわち北方領土に対して、日本が返還を求めている領土問題である。

日本国政府は、ロシア連邦が自国領土だとして占領・実効支配している北方領土について、不法占拠された日本固有の領土だとして、
   返還を求めている。1945年昭和20年)8月14日に日本がポツダム宣言の受諾を決定し翌15日に玉音放送によって国民に降伏を告知、
   自発的戦闘行動を停止した後の1945年8月28日から9月5日にかけて、赤軍ソ連軍)が北方領土に上陸し占領した[* 1]。北方領土は
   現在に至るまでソビエト社会主義共和国連邦および、それを継承したロシア連邦が実効支配を継続している。

日本国政府は北方領土は日本固有の領土だとして領有権を主張しているものの、一切の施政権は及んでおらず、日本はその返還を求めている。
   千島列島の呼称について、日本国政府は「サンフランシスコ平和条約にいう千島列島のなかにも(国後択捉)両島は含まれない」[2]
   色丹島および歯舞諸島は北海道の一部を構成する(属島)[3]とする。ソビエト連邦あるいは現ロシア連邦はサンフランシスコ平和条約に
   調印していない。ソビエト連邦(現ロシア連邦)では、色丹・歯舞を合わせて小クリル列島、占守島から国後島までを大クリル列島、小クリル列島
   と大クリル列島を合わせてクリル列島と呼んでいる。

北方領土関係史

1644年江戸幕府が作成した『正保御国絵図』には、松前藩が支配している蝦夷地として北海道本島、樺太、千島列島が記されている。
   国後島や択捉島も記載されている。この地図は、松前藩が江戸幕府に提出したものを基礎としており、提出された原本は残っていないが、
   松前藩は1635年に樺太調査を行っており、地図はそれに基づいて作られたものと言われている。択捉島についていえば、アイヌが先住していて、
   1661年に伊勢国の七郎兵衛らの船が漂流している[4]1760年代にロシア人のイワン・チョールヌイが、択捉島でアイヌからサヤーク(毛皮税)
   を取り立てたという記録が残されている。また、最上徳内が徳川幕府の派遣した探検家として最初に択捉島を訪れた1780年代には、択捉島
   には3名のロシア人が居住し、アイヌの中に正教を信仰する者がいたことが知られており、同時期、既にロシア人の足跡があったことも知られて
   いる(ただし正教はロシア人・ロシア国民以外にも信仰されているものであり〈例:ギリシャ正教会ブルガリア正教会日本正教会正教徒
   であることイコールロシア人ではない)。

このTopに戻る

monomousu   もの申す
TOPにもどる
最近のニュース