パチンコ

2019年4月2日
パチンコ台入れ替え自粛
<大阪・愛媛>G20控え警察に配慮

大阪市で6月に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせ、大阪府と、関連閣僚会合が開かれる愛媛県にあるほぼ全てのパチンコ、パチスロ店
     計約800店が、新台設置など台の入れ替えを自粛することが、パチンコ店の全国組織「全日本遊技事業協同組合連合会」(全日遊連)への取材で
     2日、分かった。 風営法では、遊技台の入れ替えや増設などは警察署に申請し、都道府県の公安委員会から承認を受ける必要がある。

  G20の警備で負担が増す警察に配慮した。警察が業界側へ要請や協議をして自粛が決まった。 全日遊連などによると、大阪府のパチンコ、パチスロ店
     は6月中、台の入れ替え申請手続きを控える。愛媛県でも5月末~6月末に自粛。G20の労働相会合が松山市で開かれることを踏まえ、
     7月末~9月2日も手続きを見合わせる。

このTopに戻る

monomousu   もの申す
TOPにもどる
最近のニュース