ブルセラ症-1



2020.10.31-ameba-https://ameblo.jp/ishinsya/entry-12634976738.html
中国でブルセラ菌漏洩し住民が集団感染!コロナウイルス感染を隠蔽した責任を追求すべき!

  新型コロナウイルスの「震源地」となったchina中国。マスメディアはこの大事な指摘を避けているから不思議だ。新たに別の病原体による大規模な人災が発生していたと産経新聞が報じている。この事件は9月17日に鈴木信行ブログでも取り上げているが、問題を指摘したい。

china甘粛省蘭州市の製薬工場で昨年夏に、人獣感染症「ブルセラ症」の動物用ワクチン工場から菌が漏洩した。周辺住民ら約3600人が感染していたという。
  深刻な被害が出ていたにも関わらず、中国共産党政権は実態を公表しなかった。コロナウイルスの場合も、研究所からの漏洩が事実ならば、隠蔽体質の中国共産党政権の言葉を信じることはできない。
  Chinaのワクチン生産工程はずさんだ。年内には武漢市から感染拡大したコロナウイルスのワクチンの投与開始を目指すというが、ずさんなchinaで再度の漏洩は大丈夫だろうか?そもそも、武漢肺炎コロナウイルスは、武漢市にある研究所から漏洩したという疑いは晴れていない。

  昨年7~8月、国有企業傘下の「中牧蘭州生物薬工場」で使用期限切れの消毒剤を使用したため、ブルセラ症の原因菌が減菌されないまま空気に混じって排出され、工場の風下にあった蘭州獣医研究所の職員や学生ら203人の感染が血液の抗体検査によって判明したというのだ。
  湖北省武漢市で起きたコロナウイルスの漏洩と同じではないか?China政府は、新型コロナの累計感染者について発症者のみを公表している。
  日本とは違い、無症状者は加算していないのだ。今回ウイグル自治区で集団感染が公表された。ところが160人以上の感染者が確認されながら、1人も有症者がいないのは不自然だ。

  中国共産党政権の隠蔽体質が世界をウイルス感染という恐怖に陥らせた。反省ない中国共産党は、この恐怖を繰り返すだろう。日本は入国規制を緩和して大丈夫だろうか?中国共産党政権の言葉を信じることは極めて危険であり、日本国民の健康を損なう結果となる。
  中国共産党政権が今年の始めにコロナウイルスの感染拡大を公表していたら、世界は感染拡大に苦しむことはなかった。
・・・・・


2020.10.13-産経新聞 THE SANKEI NEWS-https://special.sankei.com/a/international/article/20201013/0001.html
ブルセラ症菌漏洩で住民3600人感染 コロナ彷彿…“隠蔽”暴いた中国誌スクープ

  新型コロナウイルスの「震源地」となった中国で、別の病原体による大規模な人災が発生していた。中国甘粛省蘭州市の製薬工場で昨年夏、人獣感染症「ブルセラ症」の動物用ワクチン工場から菌が漏洩(ろうえい)し、周辺住民ら約3600人が感染妊婦が流産を余儀なくされるなど深刻な被害が出ていたにも関わらず、中国メディアが問題をすっぱ抜いた今年9月まで地方政府は実態を公表していなかった。 (北京 西見由章)

  蘭州市当局は10月10日、感染者に対する具体的な補償内容を公表し、ようやく問題解決に向けた姿勢を打ち出した。だが今回の事件では感染症をめぐる中国当局の隠蔽体質だけでなく、ワクチン生産工程のずさんさも浮き彫りに。中国が年内の正式投与開始を目指す新型コロナワクチンにも不安を生じさせる結果となった。
  約10カ月にわたる長期取材によってブルセラ症原因菌漏洩の実態をスクープしたのは、9月14日発行の中国誌「財新週刊」。表紙に加えて18ページの大特集を組んでおり、編集部の意気込みが感じられる。
  本来、中国本土のメディアは「共産党の喉と舌」と呼ばれ、宣伝機関として強い統制を受ける。だが財新は党の実力者、王岐山国家副主席と密接な関係にあるとされ、当局側の不正や失態に鋭く切り込む数少ないメディアの一つだ。
  その財新によると、地方当局が菌漏洩問題について最初に公表したのは昨年12月26日。同7~8月、国有企業傘下の「中牧蘭州生物薬工場」で使用期限切れの消毒剤を使用したため、ブルセラ症の原因菌が減菌されないまま空気に混じって排出され、工場の風下にあった蘭州獣医研究所の職員や学生ら203人の感染が血液の抗体検査によって判明したとの内容だ。
  ただその第一報は、深刻な事態であることを極力否定するという点において、ほぼ同時期に湖北省武漢市当局が発表した新型コロナ感染をめぐる内容と酷似している。


ブルセラ症
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


  ブルセラ症ブルセラ病)とは、ブルセラ属(Brucella) の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。日本においては家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病感染症法における四類感染症に指定されている。診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る。また、マルタ熱とも呼ばれる。ブルセラ属細菌は国立感染症研究所病原体等安全管理規程においてレベル3に分類されている。
  動物への依存度が強い国や地域では、依然として多発する。動物のブルセラ症対策が行き届いた結果、多くの工業国ではヒトのブルセラ症も減少した。これは、ヒトのブルセラ症の発生が保菌動物の存在に依存していることを示している。
  ブルセラ属菌は敵国の兵士や住民に罹患させて能力を低下させる生物兵器としても研究・培養された。アメリカは1942年、ソ連は1978年に兵器化を実現した

病原体と感染症の概要
  ブルセラはグラム陰性の球形に近い小桿菌で、莢膜、芽胞、鞭毛をもたず、発育は非常に遅い。潜伏期間は2〜3週間。そのため、通常の培養は少なくとも4週間は経過観察の必要がある。脾臓、リンパ節などでの細胞内増殖をする。ほこりの中では6週間、土や水の中では10週間生存する。家畜との接触、汚染乳製品の摂取を通じてヒトに感染する。1887年クリミア戦争でマルタ熱の原因病原体としてイギリス軍の軍医デビッド・ブルース (Sir David Bruce) によって Micrococcus melitensis が発見されたため、この名前が付いた。100個以下の菌数でも感染するとされ、感染しやすく検査室感染も多い[5]。本菌の分離には血液若しくは血清が添加された培地を用いる。カタラーゼ陽性、ウレアーゼ陽性、ペプトン培地では糖から酸を産生しない。
  ヒトに感染を起こすのは Brucella abortusB. melitensisB. suisB. canis の4種類とされていたが、近年の研究では B. pinnipedialisB. ceti でも感染するとされている。

  牛においては Brucella abortus の感染が妊娠6〜8ヶ月での流産の原因となる。日本では家畜におけるブルセラ症は1970年代にほぼ撲滅されたが、現在でも犬の Brucella canis 感染が見られる。ヒトに感染すると発熱発汗頭痛、背部痛、体力消耗というような症状を起こす。重症化すれば脳炎髄膜炎などの中枢神経炎症心内膜炎骨髄炎を起こすこともある。テトラサイクリンストレプトマイシンなどに感受性を示すが、細胞内寄生を持つため体内の菌の撲滅は難しく、再発する。なお、家畜においては治療を行わず殺処分する。現在家畜のみ、生体輸入については厳しい検疫制度により感染家畜を輸入されないよう水際で監視され、罹患家畜は殺処分されている。犬猫ペットについては充分な検疫はされないので、外観で感染が判断できないため感染犬を輸入してしまう場合もある。Brucella canis による犬ブルセラ症は、日本に定着したと考えられ犬の2−5%が既にキャリアである。山口県による2005年の報告によれば、48検体中1検体で抗体を検出した







このTopに戻る






















monomousu   もの申す
最近のニュース
TOPにもどる